FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Le Haut des Clous Thierry Michon Domaine Saint Nicolas 2016

Le Haut des Clous Thierry Michon Domaine Saint Nicolas 2016
Le Haut des Clous Thierry Michon Domaine Saint Nicolas 2016 part1
蔵出しドメーヌ・サン・ニコラ’15ル・オー・デ・クルー・ブラン
みずみずしく厚みがありつつもまるで石を舐めているかのような強いミネラル!

マダム・ルフレーヴ・セレクション<CLAC>以来の久しぶりの入荷となります。予想以上に気さくでフレンドリーな方でした。英語でコミュニケーションも可能です。当店セラーに入ってすぐにロワール・コーナーの陳列を見て
『 ニコラ・ジョリーもクーレーヌもマルク・アンジェリ(サンソニエール)もギィ・ボサール(レキュ)、フランソワ・チデーヌ、ベンジャマン(ディディエ・ダグノー)もみんな友達だ。そしてドメーヌ・トラぺさんの二人の息子さんのうち一人は少し前まで自分のところで修業していたんだよ。ギィ・ボサールだけではなく、元ルイ・ジャドのジャック・ラディエール氏も自分の師匠なんだ。 』
と話してくれました。
グラン・ピエスとプランテ・ガトは、長く寝かせると熟成したヴォルネイ的なニュアンスになるのか?と聞いたところ、何度も自分のストックしている古酒をワイン・ジャーナリストの方などと飲んだがみんなまるで熟成したジュヴレシャンベルタンのようだと言うそうです!
先に試飲会を開催した京都同様、北海道のことも気に入ってくれた模様でした。ヴァンデでは基本的に雪が降らないそうですね。なお、AOC(その後AOP)に昇格後も自分は価格を上げていないとのことです(笑)
※日本国内各地の試飲会・セミナーで大変好評だったようですので、おそらく全銘柄同じヴィンテージは再入荷できません!


100%手摘み、100%天然酵母を使用
AB、デメテル、ビオディヴァン認証ありビオディナミ

Domaine Saint Nicolas(Thierry Michon), Fiefs Vendeens Brem
Le HAUT DES CLOUS Blanc'15 Chenin Blanc

ドメーヌ・サン・ニコラ、ル・オー・デ・クルー・ブラン’15

(ロワール・辛口白)

税別¥4000
<あと10本>絶対おすすめ!
最新スペクテーター93点!!!(2019~2032年)
MVF(旧クラスマン)2018年度版16/20グラス(Coup de ?? de l'annee!!!)
GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2018年度版15/20点
お客様から絶賛の声をいただいているワインです!

超限定品!14本完売。

「2017.3月上旬にサンプル・ボトルを飲みました。やや濃いイエロー。亜硫酸少ない系上質なシュナンブランの典型的で複雑な非常によい香り。熟して厚みとエキス感のある果実、あくまでピュアでみずみずしく、ほのかな甘みと多いうまみ、少しの塩味から石を舐めている系のミネラルがアフターに強く長く残る。少し温度が上がってくるとラ・フランス、蜜の香りが強くなる。期待通りのかなりのおいしさ。酸はちょうどよいくらい。抜栓の次の日~抜栓の2日後にかけてわずかに揮発酸が出てきて落ちる場合があるようですが、いずれにしましても例えばマルク・テンペやマルク・クライデンヴァイツほど揮発酸強くありません。(劣化や変質の意味ではありません。わずかなマイナス要素を完全に上回る完成度・おいしさに出会うことがありますので!)今回輸入分は厳密に言えば別ロットなのでそのあたりは断言できません」

アルコール12.5%
シュナンブラン100%
樹齢約25年
超低収量15hl/ha!!!
「収量を落とせばシャルドネよりもシュナンブランの方が見事なワインに仕上がる(ティエリー・ミション氏本人のコメント)」
※下位ラインナップのシュナンブラン主体のブレンドである『 キュヴェ・レ・クルー・ブラン 』とはまったくの別物です。
ティエリー・ミションさん曰く、10年程度熟成可能。

’14 パーカー91点
’14 VINOUS 90点
’14 MVF(旧クラスマン)2017年度版16.5/20グラス(Coup de ?? de l'annee!!!)
’12 パーカー92点
ワインの店いとうより)

Le Haut des Clous Thierry Michon Domaine Saint Nicolas 2016 part2





http://d.hatena.ne.jp/akirais/20180124/1516756149
ワイン会にて

 

抜栓日:2018年1月23日

今回の登場ワインの中でダントツの清澄度。透明感のある輝くイエロー。粘性はあまり感じませんでした。とても爽やかな印象で、シトラスっぽさや白い花のフローラルな香り。樽香が自分はとってしまいました。酸がリンゴっぽさがあって、透明感、ミネラル感のあるきれいな造り。厚さはそんなに強調されていませんでした。ブルゴーニュは南の方のシャルドネと回答しましたが、答えがロワールのシュナン・ブラン! こんなにきれいなワインなんだ!勉強になります。アルコール度数は12.5%(自分で回答せず)
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。