FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Saint Bris Domaine Petitjean 2015

Saint Bris Domaine Petitjean 2015
Saint Bris Domaine Petitjean 2015
サン・ブリ[2015]年・蔵出し限定品・ドメーヌ・プティジャン元詰・ソーヴィニヨン・ブラン100%・AOCサン・ブリ
SAINT-BRIS [2015] Domaine Petitjean (Medaille de Bronze)
ブルゴーニュ辛口白ワインファン大注目!シャブリファン大注目!シャブリ地区で造られるブルゴーニュで唯一のソーヴィニヨン・ブラン100%のAOC“サン・ブリ”!造り手はサン・ブリ・ル・ヴィヌー村に1930年創業!ヴォーヌ・ロマネの「ドメーヌ・フォレ」で修行し、シブリアン・アルローやティボー・リジェ・ベレールなどとも友人として情報交換もする新世代オーナー、ロマリック・プティジャン!(1999年継承)アシェット・ガイド誌やル・メイユール・ヴァン・プティ・プリにも掲載!!ほとんどの仕事を長年一人で行ってきた彼は、フランス国内のお客様90%(個人客600人とレストラン)と、輸出10%(イギリス)のみ!のまさに地元のみのドメーヌでしたが、2009年に弟のマティアがドメーヌに参画したことにより、ようやく日本に紹介されるようになりました。平均樹齢25年のソーヴィニヨン・ブラン100%を清潔でナチュラルな醸造のもとステンレスで12ヶ月熟成!ソーヴィニヨン特有のフルーティな風味とキンメリジャン土壌に由来するミネラルと絶妙なハーモニーをかもしだす究極辛口サン・ブリに仕上がっています。パリ南部の村の中にある素晴らしいオーベルジュ「カゾドゥオール」でも愛飲されています。
(サンブリ2015) (ドメーヌプティジャン) (AOCサンブリ) (フランスブルゴーニュシャブリ白ワイン辛口)


ソーヴィニヨン特有のフルーティーな風味と、キンメリッジアン土壌に由来するミネラルとの絶妙なハーモニー!!
パリ南部の村の中にある素晴らしいオーベルジュ「カゾドゥオール」でも愛飲される究極辛口サン・ブリ!!


インポーターさん社長のコメント
シャブリ近郊の村々には、ACブルゴーニュのみを造っている造り手がたくさんいます(すでに好評発売中の「ドメーヌ・クレマン」や「セリーヌ・コテ」もそうです)。彼らに共通しているのは、コート・ド・ニュイの生産者であればプルミエ・クリュやグラン・クリュに注ぐ最大限の手間と情熱を、ACブルゴーニュに惜しみなく注いでいること。そして、シャブリに近くキンメリッジアン土壌が多いこともあって、ミネラル感たっぷりの美味しいワインを造っていること。そして、価格設定が良心的であることです。

サン・ブリ・ル・ヴィヌー村に1930年に創業した「ドメーヌ・プティジャン」は、1999年、ヴォーヌ・ロマネの「ドメーヌ・フォレ」で修業したロマリック・プティジャンによって継承され、本格的に自社ビン詰めを開始しました。

「僕は食べることと飲むことが大好きで、ほとんど生きがいと言ってもいいくらいです」という彼にとってワイン造りは天職で、美味しい料理をさらに美味しくするようなワイン造りを目指して、仕事に打ち込んでいます。
「料理を引き立てるワインとは、濃過ぎず上品で、たっぷりとしたミネラル分のあるワインだと思います。この辺りの土壌はもともとミネラル分が豊かですが、化学肥料を使わず根をできるだけ深くまで伸ばすことによって、最大限のミネラルを得られるように心がけています。醸造はミネラルを損なわないよう、過度の抽出を避け、ごく自然に行っています。

修業したフォレや、友人のシプリアン・アルロー、ティボー・リジェ・ベレールなどと情報交換しており、「彼らから訊いた栽培方法や醸造方法のうち良いと思うものは、僕のACブルゴーニュやサン・ブリのワイン造りに取り入れるようにしています」。
  「僕のワインの最大のお客様は僕です。自分が造った美味しいワインと一緒に美味しい料理を食べることほど幸せなことはありません」(笑)。

ほとんどの仕事を長年一人で行っていた彼は、忙しすぎて、輸出には手が回りませんでした。しかし2009年から弟のマティア(左)がドメーヌに参画したことによって、ようやくご紹介できるはこびとなりました。

Saint-Bris 2015
4ha。平均樹齢25年。ソーヴィニヨン・ブラン100%。ステンレスタンクで12ヶ月間熟成。

ソーヴィニヨン特有のフルーティーな風味と、キンメリッジアン土壌に由来するミネラルとの絶妙なハーモニーをお楽しみ下さい。
パリ西部の森の中にある素晴らしいオーベルジュ、「カゾドゥオール」等でも愛飲されています。
うきうきワインの玉手箱より)





http://d.hatena.ne.jp/akirais/20180220/1519140432
ワイン会にて

抜栓日:2018年2月20日
清澄度が高く輝きのあるイエロー。最初の4つの中では3番目に濃い色合い。粘性は中程度。
やや閉じ気味なのか、香りがさほどたってきません。グレープフルーツの皮的なニュアンス? 柑橘香が弱く感じられますか。
なかなかフレッシュなアタックで、ほぼドライ。かるく3-MHを感じます。酸はそこまで強い感じではなく、後口に苦味を感じます。
当てずっぽうでイタリアと回答しましたが、サンブリですか! 一度、サンブリ縛りで勉強しなきゃ!
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。