FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Les Cailloux Le Paradis Pinot Noir 2013

Les Cailloux Le Paradis Pinot Noir 2013
Les Cailloux Le Paradis Pinot Noir 2013 part1
LES CAILLOUX du PARADIS(CLAUDE COURTOIS)
レ・カイユ・デュ・パラディ(クロード・クルトワ)
クロード・クルトワ★クロード・クルトワは、コトー・ド・ヴァロアで牛・豚・馬・鶏・羊などを育てながら、30年来ビオディナミで素晴らしいワインを造り、定評を築き上げてきました。
 91年の大火事(自然火災)で全てを失い、ほぼ無一文でソローニュにやってきた彼は、シレックス土壌のLes Cailloux(レ・カイユ)とLes Paradis(レ・パラディ)という2つの畑で同じ方法でワインづくりを始め、ファースト・ヴィンテージの1995年からパリのレストランや専門家の間で高い評価を得ました。
 ドメーヌ解説:
 奇跡のワインと呼ばれ、フランスで熱狂的な信奉者が増えているクルトワ父子のワイン。
 極端なまでの低収量で、究極ともいえる有機ワイン。
 アペラシオンは通常ならば「トゥーレーヌ」と称するところだが、AOCを名乗るつもりの全くないクルトワは、 「ヴァン・ド・ターブル」で我が道を行く。
 すべてオリジナルで、深いエキスをとじこめたユニークそのもののワイン(4種の赤ワインと10種類の白ワイン)を造る。
 栽培:ビオロジック
 栽培品種:ガメ、カベルネ・フラン、コ、ピノ・ノワール、ソーヴィニヨン、シャルドネ、ロモランタン、ムニュ・ピノ
 醸造:「環境の調和が完全にとれていれば、収穫の時期に雨が降っても腐敗果の心配もなく、素晴らしいワインを作ることができる。ビオディナミといっても、よその畑の草や堆肥を持ってきたら環境が壊れる。
    だから私は、醸造家であるよりも農夫であり続けたい」と語っています。
    次男のジュリアンも、父クロードを助けて仕事をするかたわら、自らの名前でワインをリリースしています。
    彼らのワインは、アペラシオンとしては「トゥーレーヌ」を名乗れるものの、あまりにコンセントレーションが強く、特異な味わいのため、AOCの認可を委員会より与えられず、また自らも望まないため、表記は「ヴァン・ド・ターブル」となっています。
    すべてのワインが、醸造過程でSO2はまったく使用していません。
    キュヴェによってビン詰時にSO2を微量入れますが、ほとんどが非使用です。
 醗酵容器:様々。ステンレスタンクを使用することを好んでいない。
      コンクリート製は使用しない。
 熟成容器:Quartzを除き全て古樽、ボルドータイプが多い。
      常識範囲外の古さで、平均して30年以上のものを使用している。
      一番古くて50年程度。
      Quartzは熟成容器が決まっておらず、
      毎年その年に余っているタンクで熟成を行っている。
      樹脂製、鋼鉄製、琺瑯製、ステンレス製のいずれか。
 セラーの場所:畑はセラーの周囲300m以内でほぼ全て徒歩圏内。
        セラーの材質はコンクリート、レンガ、木材を使用しており、全て地階にある。
 自社畑面積:6.1ha
 契約畑面積:なし
 年間平均生産量:24000本

 基本的な醸造について
 選果の場所:畑の中、セラー
 マセレーションの有無:白はエティエンヌがスキンコンタクトタイプを生産、クロードは無し。
             赤はあり。
 マセレーション期間:おおよそ5日間~30ヶ月と時と場合により激しく異なる。
 酵母の添加有無:なし
 アルコール醗酵期間:ヴィンテージ次第で大幅に変動する
 醗酵温度コントロールの有無:なし
 熟成期間:9~30ヶ月で、毎回味をみて熟成を切り上げる。
 濾過清澄:なし
 醗酵中の亜硫酸添加量:基本的に添加しない
 総亜硫酸量:5mg/L以下
 自然派:ビオ認証取得(ナチュレル・エ・プログレ)

★大好きなクルトワのに会えて 2014年3月3日
 3月3日、翌日日本を発つクルトワ夫妻を迎えた六本木の祥瑞で20人程のパーティーにお呼ばれして大好きなクルトワに会え興奮冷めやらぬ森田屋です。
 パーティーの後帰宅して残った仕事をしながら居ても立ってもいられず深夜に書き留めた感想です。
 「へなちょこのワイン屋はクルトワの前でもっとへなちょこになった。
 やっぱりクルトワのワインは感性のワインだ!
 言語の存在しないワイン、メッセージはワインの感性で送ってくる。
 やっぱり言葉はいらないんだな~!クルトワはワインでそう語ってくる様でした。
 (まあ本当のところ言葉で伝えたけりゃ物書きになればいいんだからね
 本物のアーティスト。
 いつもはサインボトル等を欲しいと思わなかった僕を含め一緒に帰った友達3人ともとっても大切に抱えて帰りました。(僕なんか家に着くまでニコニコしていたけど...。)
 みんな楽しそうで嬉しい時間を持てて最高でした。
 ワインはコミュニケーションの最高のツール、しかも本日は最高のクルトワのワイン。
 そして改めて自分の立ち位置を確かめられる機会を持ちました。
 僕もそうでありたい。僕もそうゆう造形家、表現者でありたいと。
 本当にクルトワに会えて、またこうゆう場を設けて頂いて感謝しきれません。」
 森田 秀樹 2014年3月4日 am2:34(ほろ酔い気分)


レ・カイユ・デュ・パラディ・ヴァン・ド・フランス・ピノ・ノワール2013
●ヴァン・ド・フランス・ピノ・ノワール2013
*とうとう試飲しました。
 やっぱりクルトワはクルトワだった!
 でも2013年は丸くなったな~!
 もう口に含んだ瞬間からニコニコしてしまいました。
 心地良い酸とキュッと締まった果実感、でも口に含んでいると漢方やウメ、そして旨味が複雑に混ざり合ってどんどんクルトワの世界に引き込まれていくのが判ります。
 余韻んが凄く長くいつまでも漂っています。
 一人称のワイン、エゴイステックでたまらない。
 もうえこひいきなんてもんじゃない。
 クルトワが大好きなのを確信しちゃうんですよ!

 ピノ・ノワール100%

7/28/2015試飲 20時10分。
 綺麗な酸のでかた、延びと締まり具合、凝縮しているのにだれない味わいは口の中で含んでいると複雑さと彼自身のエゴイステックさが奥から湧き出ます。
 造り手自身を素直に感じられけれども答えは飲み手自身にある、決して液体の中にはないワイン。
 飲み手がどう感じてもらいたいかなんて知ったこっちゃないって感じな自分勝手さが凄い!
7/29/2015試飲 19時30分。
 余韻の緊張感と旨味は時間が経っても増し、オリジナリテーの塊。少しは素直になった気もしますが...。
Moritayaより)

Les Cailloux Le Paradis Pinot Noir 2013 part2





(*)Moritayaより購入。4,280円(税抜)
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。