PIRA Barolo Serralugna d'Alba 2013

PIRA Barolo Serralugna d'Alba 2013
PIRA Barolo Serralugna DAlba 2013
セッラルンガ・ダルバを代表する生産者のひとり
近年バローロのトップ生産者がこぞって畑を購入する注目の産地セッラルンガ・ダルバを代表する生産者。男性的で力強いだけでなく、緻密でしなやかさをも兼ね備える。

INTRODUCTION
生産者紹介
目覚ましい品質の向上
創設者であるルイジ・ピラがセッラルンガ・ダルバにワイナリーを構えたのは1950年。現在ほどの目覚ましい品質の向上が見られるようになったのは、息子のジャンパオロとロモロが全面的にワインの生産に携わってからである。
男性的で力強いバローロの産地であるセッラルンガ・ダルバは、近年ドメニコ・クレリコやエリオ・アルターレ、パオロ・スカヴィーノ、ジャコモ・コンテルノのようなビッグネームがこぞって畑を購入している注目の産地だ。
ルイジ・ピラが所有するヴィーニャ・リオンダは、このセッラルンガ・ダルバを代表するクリュであり、ブルーノ・ジャコーザのバローロ、コッリーナ・デラ・リオンダが1989ヴィンテージで2010年発行のワイン・アドヴォケイトにて100点を取ったことが、このクリュの重要性を裏付けている。また、もうひとつの重要なクリュ、マレンカはその区画をアンジェロ・ガヤと二分しているが、マレンカの名前で生産しているのはルイジ・ピラのみである。
彼らのワインは男性的で力強いだけではなく、緻密でしなやかさをも兼ね備えている。セッラルンガ・ダルバを代表する生産者の一人であることは揺るがない事実である。

TECHNICAL DATA
テクニカルデータ
オーナー Gianpaolo Pira
醸造責任者 Gianpaolo Pira
コンサルタント Giuseppe Caviola
所有畑面積 10ha
土壌 石灰粘土質、砂質
栽培方法 ロッタ・インテグラータ(農薬等の化学薬品の使用を出来るだけ控え、自然環境への負担を抑えた栽培法)。2011ヴィンテージよりからEUのビオ認証予定。完全に除草せず、ブドウの樹と樹の間には緑を残す。仕立てはグイヨ。グリーン・ハーヴェストを行う。
醸造方法 バローロは、マセラシオンをステンレスタンクで7-10日間。熟成期間は24ヶ月で、250Lのオーク樽やフレンチオークのバリック、トノー樽をワインによって使い分ける。その他のワインは、発酵は温度管理を行いながら約6-8日間。熟成はバリックとトノー樽、ステンレスを使い分け、8-12ヶ月を費やす。SO2も酸化を防ぐ最低限の量しか添加しない。
メディア掲載 『ワイナート』8号

2013 Barolo Serralunga
バローロ セッラルンガ
希望小売価格¥5550赤

産地 D.O.C.G. Barolo
ブドウ品種 ネッビオーロ100%
熟成 スラヴォニア&オーストリアオークの大樽(2500L)で24ヶ月
評価 アントニオ・ガローニ89-91
アルコール度数 14%
マレンカの畑の下部とワイナリーのすぐ下の畑から出来るノーマル・バローロ。樹齢は約50年。牧草、土、ナメシ皮、スパイスの温かみのあるクラッシック・バローロのテイスト。とても素直な性格の味わいで、タンニンと酸とのバランスも非常に良い。
フィラディスより)




http://d.hatena.ne.jp/akirais/20180323/1521774106
ワイン会にて
 
抜栓日:2018年3月22日
澄んだ、輝きのあるルビー。濃い色合いで、粘性はやや強い。ストロベリーやスミレの香り。酸はしっかりとしていて、果実甘味があり、凝縮した味わい。タンニンはしっかり。厚みのある味わいでとてもバランスが良いです。アルコール度数は13.5%としました(正解は14%)。かなり美味しいです。これはイタリアのネッビオーロと解答。あらためてバローロの偉大さが理解できました。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード