FC2ブログ

Chateau Lescaneaut by Poupille 2014

Chateau Lescaneaut by Poupille 2014
Chateau Lescaneaut by Poupille 2014 part1
シャトー・レスカノ・バイ・プピーユ[2014]年・AOCコート・ド・ボルドー・(フィリップ・カリーユ氏&パスカル・ブエックス氏)
Chateau Lescaneaut by Poupille [2014] AOC Cotes de Bordeaux
ボルドー注目地域フルボディ辛口赤ワイン愛好家大注目!前回、即完売!!あのプピーユで超有名、フィリップ・カリーユが従兄弟のパスカルと二人三脚で造るハイコスパ・ボルドー!あの超高級ワイン“シャトー・ペトリュス”と最後まで競い合った実力派!
コート・ド・カスティヨンに彗星のごとく現われ、ゴーミヨ誌のテイスティングで450銘柄中、堂々の1位に輝いたあのプピーユのフィリップ・カリーユ氏と、従兄弟であるシャトー・レスカノのオーナーであるパスカル・ブエックス氏がタッグを組み生み出した傑作ボルドー!
栽培の運営をパスカル、コンサルタントとしてフィリップがサポートし、醸造はフィリップの指揮のもと二人で行うシャトー・レスカノ・バイ・プピーユ!
全てシャトー・レスカノの畑で収穫された平均樹齢35年のメルロー90%、カベルネ・ソーヴィニヨン5%、カベルネ・フラン5%を10%オーク樽、90%ステンレス・タンクにて24ヶ月熟成(新樽無し、500L)で造られる究極フルボディ辛口赤ワイン!
濃く美しいルビー色!カシスやブラックベリーなどの黒果実の凝縮したアロマ!程良い樽のニュアンスに、完熟した果実のアタック!タンニンは溶け込んでおり、繊細でエレガントな調和の取れたワイン!しかも待望の[2014]年で少量入荷!


ゴーミヨ誌のテイスティングで450銘柄中、堂々の1位!
前回、即完売のあのプピーユ!
コート・ド・カスティヨンに彗星のごとく現われたフィリップ・カリーユが従兄弟のパスカルと二人三脚で造るハイコスパ・ボルドー!


生産者 : フィリップ・カリーユ氏 & パスカル・ブエックス氏
シャトー・レスカノ・バイ・プピーユを造るのは、カスティヨンのシンデレラ・ワイン「プピーユ」を手がけるフィリップ・カリーユ氏と、彼の従弟でありシャトー・レスカノの現オーナーであるパスカル氏の二人。シャトー・レスカノは18世紀からパスカルの奥様の家系が守り続けてきた家族経営シャトーで、パスカルは2003年に引き継いだ。彼がオーナーになってからはずっと有機栽培が実践されている(認証には関心がなく、未だに取得していない)。栽培の運営をパスカル氏、コンサルタントとしてフィリップ氏がサポートし、醸造はフィリップ氏の指揮のもと二人で行う。レスカノ・バイ・プピーユのブドウは全てシャトー・レスカノの畑で収穫されたもの。自然に敬意を払い、自然体のワインを造ることがパスカルのワイン哲学である。


【自然を尊重した自然なワインを造る 「そのために畑を継いでからずっと有機栽培を実践してきた」】
パスカルさんの本業は実は建築設計士。ブドウ栽培、ワイン造りは本業の傍らで趣味として行っている。そのため、品質を落として無理に生産量を増やすなどといった商業的な考えは一切無く、自分が造りたいワイン、飲みたいワインを純粋に追求している。それを証明する事実のひとつとして、彼が2003年にシャトー・レスカノを継いでからずっと有機栽培を実践していることがある。同じく有機栽培を続けるフィリップのアドバイスもあり、素晴しい品質のブドウ、そしてワインが造られている。(現在認証申請中)


【コスパの高さの理由・・・それは長い歴史とオーナーの情熱、近代的なセラー、そしてプピーユを造る男の天才的感性】
18世紀から続く趣溢れるシャトーと畑、それを管理するパスカルの情熱。清潔に管理された近代的な醸造設備で造られるのは年間僅か4万本のみ。そしてワイン造りで最も重要な工程の一つであるアッサンブラージュは、プピーユのフィリップが主体的に行う。このワインが安く旨い理由はここにある。

シャトー・レスカノ・バイ・プピーユ2014年

■ 使用品種:メルロー90%、カベルネ・ソーヴィニヨン5%、カベルネ・フラン5%
■ 樹齢:平均35年
■ 土壌:砂利質、粘土石灰質
■ 栽培面積:8.8ha
■ 収量:42hl/ha
■ 平均年間生産量:21,000本
■ 醗酵・熟成:ステンレスタンクで発酵。10%オーク樽、90%ステンレスタンクにて24ヶ月間熟成(新樽無し、500L)

濃く美しいルビー色。カシスやブラックベリーなどの黒果実の凝縮したアロマ。程良い樽のニュアンスに、完熟した果実のアタック。繊細でエレガント、タンニンは溶け込んでいる。調和の取れた究極辛口フルボディ赤ワイン!
うきうきワインの玉手箱より)

Chateau Lescaneaut by Poupille 2014 part2

https://akirais.hatenablog.com/entry/20181024/1540347982
ワイン会にて
 
抜栓日:2018年10月23日
輝きのあるルビーで、やや淡めの色合い。粘性は中〜やや高め。
ブラックベリーの香り、樽香はマイルド。最初、やや弱めの印象で、甘いニュアンスがありました。しかし、時間が立ってくるとバラ系の花の香りがでてきて、惑わせます。
アタックはそんなに重たくなく、酸が強めで冷涼な地域を思わせました。収斂性はなく、タンニンは上質。中程度の余韻で、アフタに鉄っぽさを感じます。
アルコール度数は13%と回答して正解。
酸と甘さのバランスがとれているので、CS50%+Me50%、フランス、2014と回答。
スポンサーサイト



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード