Logan Weemala Pinot Noir 2008

Logan Weemala Pinot Noir 2008

Logan Weemala Pinot Noir 2008

ローガン・ワインズ・ウィマーラ・ピノ・ノワール[2008]年
(Logan wines) Weemala Pinot Noir [2008] Orenge Austraria
今注目の醸造家がコンセプトは新世界と旧世界の融合!!としてオーストラリアの冷涼な産地ニューサウス・ウェールズのオレンジ地区の自社畑産のピノノワール100%で造る、シナモンや木イチゴのフレッシュなアロマ!エレガントな味わいの人気ワイン!!


-------------------------------------------------
ウィマーラ ピノ ノワール[2008]年 ローガン ワインズ

ウイマーラとはニュー・サウス・ウェールズの中間に位置するかわいい鳥たちのさえずりとすばらしい景観の中にあるローガン・ワインズの畑の名前。

ローガン・ワインズ
Laugan Wines

銘醸地“NSW州オレンジ地区”標高850M以上の冷涼な気候が生み出す、エレガントなフレンチ・オーストラリアン「ローガン・ワインズ」

オーナー兼醸造家、ピーター・ローガン氏が目指すワインは、パワーとフィネスを兼ね備えたコストパフォーマンスに優れたワイン。そしてそんなワインをうみ出すことが出来るテロワールがニュー・サウス・ウェールズ州を横切る、ブルーマウンテン国立公園で有名なグレート・ディヴァイディング・レンジスの北西、オレンジ地区、マジー地区にあるといいます。元々薬剤師であったオーナーのピーター・ローガン氏が、自らの夢を実現させるべく探し求めた土地がオーストラリアでも随一のクールクライメイト、標高500-1100mにあるその地なのです。

ローガン氏が24歳の時、これまで熱いパッションを抱いていたワイン業界へ足を踏み入れることを決断、リンダマンやアローズ・フィールドの醸造も手がけていた醸造家サイモン・ギルバートの門を叩き、彼のもとで修行を行い、名門アデレード大学のローズワーシーカレッジで学位を取得しました。 ピーターは若干36歳の若さですが、これまで数々の賞を受賞、国内外のメディアにも取り上げられ、注目を集めています。

『良質なワインを納得いく価格で多くの人に飲んでもらいたい』そんな、彼の思いは、コンセプトの異なった3つのブランドを誕生させ、それぞれのシーンにあった良質のワインを世に送り出しています。


■ オーナー醸造家:ピーター・ローガン氏
------------------------------------------------------
醸造家ピーター・ローガンによって1977年に設立されたワイナリー。ニューワールドの恵まれた果実味と旧世界の繊細さ、骨格を持ち合わせたワインを造るべくたどり着いた理想郷が、オーストラリアでも随一のクールクライメイト、オレンジ、マジー地区。(標高500-1050m)洗練された味わいがローガンワインの醍醐味です。今回ご紹介のシャルドネはその中でも標高の高い自社畑で栽培されています。シャルドネはゆっくり熟成させるため黒ブドウよりも遅く収穫が行われます。ピジャージュ直後のピーターの足型がのままフラグシップ用のラベルになっている、造り手の思いが詰まった渾身の1本です。


コンセプトは新世界と旧世界の融合

-------------------------------------------------------
今注目の醸造家ピーター・ローガンによって97年に設立されたワイナリー。ニューワールドの恵まれた果実味と旧世界の繊細さ、骨格を持ち併せたワインを造るべく、たどり着いた理想郷が、オーストラリアで最も冷涼な気候を持つ産地の一つであるこのニューサウス・ウェールズのオレンジ、マジー地区(標高500-1500m)。
石灰質土壌と長い日照量、昼夜の寒暖差(7-25度)はゆっくりブドウを熟成させリッチで繊細な果実実を築き、旧世界の上質ワインにも通ずる引き締まった酸とエレガントな質感を産み出します。


--------------------------------------------------------

▼ ウィマーラ ピノ・ノワール 2008
地区 オレンジGI 生産数 1,000ケース
栽培面積 3.4ha...100%自社畑(標高850m以上) 単位収量 50hl/ha
醸造 ステンレスにて発酵。フレンチ&ハンガリアンのバリックにて12ヶ月熟成(20%新樽)、内50%ステンレス熟成。瓶熟6ヶ月。
シナモンや木苺、ストロベリー、プラム等のフレッシュなアロマに柔らかい芳醇な香り。滑らかでエレガントな味わいは、フレンチピノ ノワールのファンの方にも楽しんで頂きたいワインです。

(うきうきワインの玉手箱 より)




ワインショップおおがきさんで購入。1610円。

2009年10月11日抜栓。キャップはスクリューキャップ。色はやや濃いルビー色。十分ピノ・ノアールっぽい色。って、ピノ・ノアールですけど。最初の香りは、フランボワーズ、赤い果実の香り、スワリングで香りは落ち着きますが、ちょっとばかり出しゃばってくる香りです。香りそのままの味がします。最後にやや苦みとセメダインのような印象が残ってきます。雰囲気としてはブルのピノの感じはありますが、ややがさつな印象。アフターはあまりない。すこしぎすぎすした感じです。少しこってりした料理と合わすのはとてもいいかと思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード