FC2ブログ

Chablis Montmains Louis Jadot

モンマン(Montmains)は、シャブリの1級畑です。

このワインはVintage不明でした。


ルイ・ジャドの歴史
 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 

ルイ・ジャド社とは
 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積105ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。
 格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.2ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。

ルイ・ジャドのワイン造り
 同社のワイン醸造の責任を担っているのは、才知あふれる醸造家のジャック・ラルディエールです。1970年からルイ・ジャドのワインに携わってきた彼のポリシーは、あらゆるワインにおいて、テロワールの個性を最大限引き出すことにあります。そのため、ブルゴーニュ・ワインの醸造にとって重要な役割を果たすオーク樽は、ルイ・ジャド社の資本のもと、1996年、ラドワ・セリニー村に創立した樽製造会社カデュスで作られています。ここでは樽材の乾燥から組み立てまで一貫した生産が行われ、オーク樽の品質を徹底的に管理することができるようになりました。また、1997年の秋にはボーヌ郊外に、最先端の設備を備えた醸造施設が完成。ルイ・ジャド社のワインの品質をさらに高めるに至っています。

ルイ・ジャドのドメーヌ
 ルイ・ジャド社はブルゴーニュ地方有数のドメーヌであり、近年取得したボージョレのシャトー・デ・ジャックも含め、自社畑の総面積は105ヘクタール(コート・ドール:70ヘクタール、ボージョレ:35ヘクタール)にもおよびます。

ワインショップエーワイン より)


ルイ・ジャドーはブルゴーニュを拠点として活動する、大手ネゴシアンです。
大手と呼ぶと低品質名ワインを大量生産しているようなニュアンスを含んでしまいますが、ここは違います。
質・量共にブルゴーニュのトップを争う、レベルの高いネゴシアンなのです。
1859年が創業なので実に100年以上に渡る歴史を持っており、「ブルゴーニュ以外でワインを造らない」「AOCワインしか造らない」「1種類のワインにつき1種類のラベルしか造らない」の3つをポリシーとしています。
自社畑はブルゴーニュ各地に点在し総計130ha、その他にも多くの栽培農家と契約してぶどうやワインを買い付けています。
その選別には厳しい目が光り、土壌に由来する石灰や石を感じさせる「ブルゴーニュらしさ」があるものだけが、ルイ・ジャドーのワインとしてリリースされます。
現在の社長ピエール・アンリ・ガジェは数えて6代目に当たり、理想のブルゴーニュ・ワインを求めて徹底した品質追及が行われています。
そのワインの醸造担当を任されているのが、ジャック・ラルディエール Jacques Lardiere。
彼もまたブルゴーニュを代表する造り手のひとりです。
1年の内で最も多忙な仕込みの時期になると、何と1日の睡眠が2~3時間という過酷な環境の中で、それこそつきっきりでワインの発酵を見守ります。
それ以外の時期も常にワインの管理に余念がなく、年間のほとんどの時間をセラーで過ごすそうです。
こうして生まれるワインは、ACブルゴーニュからグラン・クリュまで、実に150種類以上にも及び、ブルゴーニュの多様性、そして独自のテロワールを忠実に表現しています。

ワインナビ より)


Louis Jadot社のHPはこちら


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード