FC2ブログ

Painter Bridge California Zinfandel 2006

Painter Bridge California Zinfandel 2006

ペインター ブリッジ 「カリフォルニア ジンファンデル」 PAINTER BRIDGE "CALIFORNIA ZINFANDEL"(CENTRAL COAST, CALIFORNIA) ; 

使用品種 ジンファンデル 76%、シラー 15%、プティシラー 5%、ヴァルディグエ 2%、アリカント 2% 




2004年ビンテージが、以前あの『ワイン王国』で…

たった980円(税込1,029円)で最高賞五ツ星☆☆☆☆☆を獲得!!
『究極のお値打ちワインNo.1』を発見しました!
そのワインは、「ペインター・ブリッジ」!!


有名ワイン雑誌『ワイン王国』で行われた「究極のお値打ちワイン」を探すコーナーで、たった9本しかない5ツ星を獲得したワインの中にペインター・ブリッジが入っているのです!
ほとんどが3,000円ほどするワインの中で、 980円(税込1,029円)で受賞したペインターブリッジは「エライ」の一言!
『ワイン王国』で五ツ星と評価された「究極のお値打ちワイン」9本の価格を見てみると、なんと1000円台のワインはたった1アイテムひとつ!
★しかもペインター・ブリッジの価格は980円(税込1,029円)!
圧倒的な値段の差をつけての受賞です!
このペインターブリッジは5ツ星の中でも、最高の安さNO.1!!
つまりこのワインこそが、★究極のお値打ちワインNo.1 だといえるでしょう!


評価をしたのは一流ソムリエ5人。
(大越氏、尾関氏、進藤氏、畑山氏、若林氏)

その評価コメントが驚きです!
⇒「低価格でも一流の味わい」
⇒「極上のカリフォルニアワインを発見」
⇒「味わいの各要素のレベルが高い」
⇒「この味わいでこの価格、試してみない手はない」
⇒「干しプラムや果実の香りに加えてトリュフのような熟成香も感じる」
さらには、
⇒「豊かな風味が牛肉の煮込みのようなリッチな味わいと好相性」

この価格でこれだけレベルの高いテイスティングコメントが付くワインは、他に記憶にありません!!
そして、さらに驚くことは…
その「シャルドネ」の酵母に最高級ソーテルヌで使用される酵母で有名な、「F2酵母」を使用しているのです!
この酵母によって味わいが非常にふくよかになっています!


■世界最高醸造家の息子、青年醸造家ダニエル・ショー!
この信じられないテイスティングコメントを受けた極めて安いワインは、もともと世界で最も有名なワイン評論家の、ロバート・パーカー氏がカリフォルニアのベスト・バリューに選んでいる「サイプレス」というワインのリーズナブルワインとして生まれました。
このワインを造った青年醸造家ダニエル・ショーの父は、なんと世界No.1醸造家オブザイヤーに選ばれたことがある偉大な父フィリップ・ショー氏です。


このワインは驚くほど高級感のある樽の香りがあります!
全てのワインに本当のオーク樽を利用しているから、樽香が絶妙なのです
本来、この価格でオーク樽を使用するのは不可能なことですが、実現してしまったのはダニエル・ショーの奇跡としか言いようがありません!!


生産者 ペインター・ブリッジ(Painter Bridge)
ビンテージ 2006年
生産地 アメリカ
ワインタイプ 赤ワイン フルボディ
容量 750ml
ブドウ品種 ジンファンデル
FineWineClub より)


ペインター・ブリッジのジンファンデルは、カリフォルニアでも特にワイン造りの盛んな、セントラル・コーストの自社畑であるロディとパッソロブルのぶどうで造られた、エステートワインです。
ジンファンデル100%ではなく、他にシラーなども25%程度ブレンドしています。
いかにもカリフォルニア的な、単調でパワフルなだけのワインになることを避けるため、オーク樽を使いつつも、ジンファンデルの持つデリケートな風味を壊さないよう、細心の注意を持って仕込まれます。
またぶどう自体も、海岸沿いの比較的冷涼なエリアから採れたものを使っています。
醸造を勤めるのは、ダニエル・ショー。
オーストラリアの有名ワイナリー、ローズマウントの醸造家フィリップ・ショーの息子です。
フランスやイタリアで積んだ経験を元に、偉大なる父の名に恥じぬよう、日々研鑽に励んでいます。
ペインター・ブリッジのワインはその試金石とも言え、今後の発展が期待されています。

WorldWineWalker より)

ワイン王国で「低価格でも一流の味、極上カリフォルニア・ワイン発見!!」として★★★★★5つ星獲得!!

「カリフォルニアは、セントラル・コーストの自社畑から収穫されたブドウのみを用いて造られるエステート・ワイン。セントラル・コーストの中でも海岸沿いの冷淳な気候で、丹精込めて造られた本品は、この低価格でも味わいは極上。干しプラムや果実の香りに加えてトリュフのような熟成香も感じられる。味わいの各要素のレベルが高いが、滑らかなタンニンと、ほのかな塩味は、このワインをさらに印象深いものへと高めている。この味わいでこの価格、試してみない手はない。(ワイン王国30号)
(うきうきワインの玉手箱より)


1/20に抜栓。まずは、香りがあまい。味はフランス系ではあまり見受けない感じで、これがジンファンデルなんでしょうか。確かに飲みやすい感じではあります。1日おいてみると、甘い香りがなくなり、レモン系の香りとなっていました。フィニッシュがありませんが飲みやすい感じに変わっていました。何といっても980円がいい。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード