FC2ブログ

Trimbach Pinot Noir Alsace 1998

Trimbach Pinot Noir Alsace 1998
Trimbach Pinot Noir Alsace 1998
ピノ・ノワール レゼルヴ
Pinot Noir Reserve
トリンバック
Trimbach

アルザスで最も偉大なリースリング!
ワインの世界的権威ヒュー・ジョンソン氏の『ポケットワインブック』のトリンバックの項目にはこう記載されています。

「アルザスで最も偉大なリースリング(クロ・サン=テュヌ)と、おそらく2番目に偉大なリースリング(キュヴェ・フレデリック=エミル)を産する栽培業者」と。

トリンバックがアルザスで最も偉大なリースリングの生産者かどうか意見の分かれるところですが、トリンバックを抜きにアルザスワインは語れない!きっとこれには誰もが納得していただけると思います。

アルザスのロマネ・コンティと呼ばれる単一畑のクロ・サン・テューヌを単独所有
リックヴィール村のブドウ栽培農家として、1626年にその歴史の始まりを刻むトリンバック家が、現在のリボヴィレ村に移り、ワイン醸造業者としての名声を博すようになったのは19世紀末、フレデリック・エミール・トリンバックの時代になってからです。

彼は1898年、ブリュッセルで行われた国際品評会にワインを出品し、最高位の賞を受けました。今日なおフレデリック・エミールのイニシャルが社名に冠されているのは、そのような理由からです。

また、フレデリック・エミールの名前は、同社の上級レベルのワインにも用いられており、リースリング・キュヴェ・フレデリック・エミールとなっています。

同社はグラン・クリュ・ロザケールの中に、アルザスのロマネ・コンティと呼ばれる単一畑のクロ・サン・テューヌを単独所有しています。この1.3ヘクタールの畑にはリースリングのみが植えられており、イギリスのワイン評論家クライヴ・コーツは「世界で最高のリースリング」と評しているほどです。

ところがフランス政府は、アルザス・ワインにおける、単一ブドウ畑の名前とグラン・クリュの名前との併記を認めずトリンバック家は、名声の高いクロ・サン・テューヌの名を選んだのです。

トリンバックはガイスベルクとオステルタークの2つのグラン・クリュにもブドウ畑をもっていますが、グラン・クリュの拡大に懐疑的な彼らは、ラベルにグラン・クリュを載せることは決してありません。(インポーターさん資料より)

ピノ・ノワール・レゼルヴ
アルザスワインのほとんどはリースリング等の白ワインですが、近年ピノ・ノワールを使った赤ワインも優れた品質のものが出てきています。
近年のブルゴーニュの高騰の影響もあり、ピノ好きの方がアルザスに注目する機会も増え、良い物が続々と紹介されるようになっております。今後ますます楽しみな産地の1つとして注目していきたいです。
(ワインセラーブティックメルロ-より


アルザス地方 F.E.トリンバック社社長
ユベール・トリンバック氏来日
ティスティングセミナー

アルザス地方について

アルザス地方よりユベール・トリンバック当主を迎えて各地でプロモーションが行われ、東京では8月27日(月)に90名近い出席者の中、ティスティングセミナーが行われました。

(以下、ユベールより)

トリンバック社の歴史は1626年にまで遡ることができます。私と私の兄のベルナールで11代目となり、ベルナールの息子達、ピエールとジャンで12代目になります。ピエールは15年前からベルナールより醸造を引き継いでいます。ジャンは私と同じようにフランス国内、または世界各国の販売を担当しています。このようにして、私達家族が常にドメーヌを担っていることでトリンバック家の伝統的スタイルと品質を守り続けることができます。

アルザス地方はヨーロッパの中心、フランスの北東部にあり、アルザスの中心地ストラスブールは、ヨーロッパの中心地ともいえます。そこでは欧州議会など行われ、各国の代表者が集まる場所でもあるのです。

同地方はドイツとスイスの国境に接しています。歴史的には複雑で、戦争がある度に国籍が変わっていた地方です。フランスが勝利するとフランス領に、ドイツが勝利するとドイツ領になり、2つの文化を併せ持っています。

ヴォージュ山脈というアルザス地方の西側にある山脈の恩恵を受け、気候的に非常に恵まれています。風や湿気がなく、雨がこの山脈によってブロックされ、日照量が豊かであり、それらの要素がブドウが熟すのに向いているのです。

※ アルザス地方の気候について

『3月の初めには雨が降ることもありますが、良い気候です。5月の終わりまで日照のある熱すぎない心地よい天候が続きます。夏はとても暑く、湿気がすくなく、38℃を記録することもあります。9月、10月と秋は良い天候が続きますが12月中旬までで、それ以降は非常に寒さが厳しくなります。冬は乾燥して-15℃になることも多く、時折-25℃にまで下がります。ヴォ-ジュ山脈には雪も降りますが、アルザス地方は20~30年前と比べるとさほど積もることはありません。』

アルザス地方では6つの白ブドウ、1つの赤ブドウと計7つの品種が認められています。白ブドウ品種が多いのは気候的要素と土壌が適しているからです。

赤ブドウはピノ・ノワール、白ブドウは比較的シンプルな味わいのシルヴァネールとピノ・ブラン、これらはお手頃な、楽しめるワインです。ミュスカはアルザス地方のみ辛口で造られており、アペリティフに向いています。それ以外は、アルザス三大品種といわれるリースリング、ピノ・グリ、ゲヴルツトラミネールです。今日のティスティングではシルヴァネール以外は全て試飲して頂くことができます。


トリンバック社ワインのスタイル

ワインはフランス的醸造法でつくられます。私達のワインは常にガストロノミーにあうワインを目指しています。ドイツの甘口ワインとは違い、料理と楽しむことができる辛口のワインを産します。

アルコール発酵を最後まで行い、辛口のワインを造ります。甘口よりも料理との相性は幅広く、酸味がしっかりして、フレッシュさ、生き生きとした感じ、熟成を楽しめる長い生命を与えます。小さな木樽を使用することはありません。私達は木の香りより、むしろ果実の純粋さ、ワインそのものの香りに対し重きを置いています。

フレッシュさ、酸味、辛口という3つの要素が良いバランスを保っていることが私達のワインの特長です。

これらのワインはアルザスの三つ星レストランとして有名な“オーベルジュ・ド・イル”などの世界中の高級・高品質クラスのレストランやワインショップで取り扱っています。また、トリンバック社では年間10万ケース、約130万本のワインを生産しています。その85%が輸出に向けられています。アルザス地方内では輸出志向の高い蔵元の2本の指に入るほどです。

※ クライヴ・コーツ氏の評価

『イギリスのジャーナリスト、クライヴ・コーツ氏(MW:マスターオブワイン)が先日フランスの全てのシャトーとドメーヌをミシュラン・ガイドのように3つ星から星無しまでランクをわけて評価した本を出版しました。光栄なことに、アルザス地方の中で3つ星と評価されたドメーヌはたった一つ、F.E.トリンバック社だけでした。』


※ヴィンテージ情報

アルザス地方は4年続けて非常に良い年でした。

1997:豊かで力強く、果実は良く熟成しました。
1998:果実味と少し酸味が強いクラシックな年。
1999:’98と比較的よく似ていますが、’98より軽やかです。
2000:’97と同様、非常に凝縮感があり、豊かで力強い年。

※ “レゼルヴ”とは

『ドメーヌごとに違いますが、トリンバック社では自社畑の中のより良い区画を選び、さらにその区画からより良いブドウを選んでいます。』


ピノ・ノワール“レゼルヴ” 1998

アルザスの生産量全体の8%しか造られていません。アルザスでは唯一の赤ブドウ品種で野生の黒いサクランボなど、森の果実の香りがします。香りにはピノ・ノワールの個性が生きているが、(ブルゴーニュと比べると)骨格は柔らかめです。少し冷やして飲まれる事をお勧めします。例えば昼食時に白と赤を両方飲めないとき、ピノ・ノワール1本で楽しんでいただけます。100%除梗し、10日間、果皮と果汁を漬ける醸しを行います。


Pinot Noir Reserve
ピノ・ノワール レゼルヴ
AOC ALSACE

ピノ・ノワールはアルザスでは1000ha植えられており、AOCアルザスの約7.5%を占めています。ここ10年で、43%増えたことになります。ピノ・ノワールは繊細な植物で、選別された土地が必要です。非常に良く排水され、地層は深く、砂質‐石灰質土壌に最適です。

生産国 フランス
蔵元 トリンバック
生産地 アルザス地方
種類 赤
品種 ピノ・ノワール 100%

栽培
醸しに最も健全な果実のみ使用するため、醸造家ピエール・トリンバックが見守る中、果実は大変厳しく選別されます。かもしは10日間行われ、その後ソフトに圧搾されます。
香り
ピノ・ノワール特有の、まだ若々しいイチゴやプルーンの、とても良い果実の香りがします。
味わい
一年ごとにより柔らかく、よりフルーティになります。
サーヴィス説明
このピノ・ノワールは少し冷やして飲まれると良く、14℃~15℃をお勧めします。また子牛、牛肉、鹿肉などの肉料理、や風味の柔らかいチーズに最適です。

日本リカー株式会社より)



ワインショップおおがきさんで購入。2520円。
2009年11月22日抜栓。コルクはしっかりとしたもので、酒石が付着していた。漏れは全然ない。やや低い温度で抜栓。グラスに注ぐと結構薄いガーネット色。かなり枯れた感じ。11年の年月によるものか、と思う。香りは最初非常に軽い。スパイシーな感じ、枯れた香り、腐葉土、娘はチョコレート、キャベツ、水菜の香りがすると言っていました。ブルゴーニュのものよりも軽い。スワリングによってベリー系の香りが出てくるが、すぐにまた引っ込んでしまう。味はラズベリー、スパイシーな感じはあるが、そのまますぅ~っと消えてしまう。タンニンはほとんど感じない。軽く酸味を感じるがラズベリー感の方が前面にある。インパクトには欠けてしまう。ピークは完全に過ぎていると思われます。奥様は「水のようだわ」と言っていました。アルコール度は12.5%。きっと5年くらいで飲んでしまった方がよりインパクトのある感じだと思う。
バキュバンで冷蔵庫保存。2日目では初日に比べやや重量感が増えた感じの味わいであった。しかし、余韻がのこるとかそういうレベルではなかった。さほど酸味も落ちず、むしろ昨日よりも味わいが複雑にはなった印象がある。が、所詮この程度かな?と思います。
スポンサーサイト



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード