Bourgogne Grand Ordinaire Rouge Prieure Roch 2010

Bourgogne Grand Ordinaire Rouge Prieure Roch 2010
Bourgogne Grand Ordinaire Rouge Prieure Roch 2010
貴重品!
世界のワインの頂点のひとつ、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(=DRC)。
その名を口にする時、誰もが、特別な思いを抱く、そのドメーヌの、二人のオーナーのうちの1人として、知られるのが、
アンリ・フレデリック・ロック氏です。
その彼が所有する、もうひとつのドメーヌが、あの
プリューレ・ロックです!
独立前、フィリップ・パカレ氏が、醸造責任者としてキャリアを積んだドメーヌとしても知られている、プリューレ・ロック。そんな氏の後を継ぎ、ロックのスタイルを守り続けているのが、
現在の責任者、ヤニック・シャン氏です。
彼は、プリューレ・ロックからキャリアをスタートしたそうですが、その感性の高さからか、年々、安定した品質を生み出し、プリューレ・ロックの新たな時代を、築いています。
実は2011年、オーナーのロック氏とともに来日したヤニック氏。試飲会にも出席した際、実際、ブースに立ち、説明をしていた彼は、丁度今、ブルゴーニュの新しい流れを生み出している、他の若手生産者と同じくらいの年頃のようでしたが、DRCオーナー所有のドメーヌを任されているという気負いは感じられず、今後更に、ロックのワインが良くなるであろう事を、感じさせてくれました。
そして今回、そんなプリューレ・ロックの2009年が入荷!
DRC同様、ビオディナミを実践、『ロック節』とも言える、その味わいは、フラッグシップのクロ・デ・コルヴェをトップとして、各キュベに存在感のある味わいを生み出しています。
現地で2009年を試飲してきた方からも、その出来ばえに、かなりの手応えを感じた様子。
ここ数年の中で、かなりの人気ぶりが顕著な、2009年ブルゴーニュ。
当然、ロックもかなりの人気が予想されます。
『売り切れちゃった…』
と、嘆く前に、お早めに!
実はこれ、表ラベルはブルゴーニュ・ルージュですが、裏に、ブルゴーニュ・グラン・オルディネールと表記があります。
ブルゴーニュ・グラン・オルディネールの区画のブドウを使用。畑はヴォーヌ・ロマネ近くの低地にあり、1ヘクタールほどに約2/3ピノ、1/3ガメイが植えられているそうです。
今回の販売に先駆けて、ヤニック・シャン氏に確認したところ…
【造り手からの返事】
『Le Bourgogne Rouge 2009 is a plot of Bourgogne Grand Ordinaire (BGO). It’ Pinot Noir grapes. It’s a very simple wine you can drink now』
との返事が来ました。2009年は、ピノ・ノワール100%のようです。
なんと、わずか2502本と、貴重品!
無くなっちゃう前に、お急ぎ下さい!!
■ワイン名(原語) / Bourgogne grand ordinaire rouge 2009 prieure roch
■色 / 赤
■味わい /
■ブドウ品種 / ピノ・ノワール100%
■生産者名 / プリューレ・ロック
■産地 / フランス/ブルゴーニュ
■原産地呼称 / AOCブルゴーニュ・グラン・オルディネール
■生産年 / 2009
■内容量 / 750ml
タカムラより)



ブルゴーニュ・グラン・オーディネール・ルージュ2010
*ヴォルテックスさんから。
 たまにしかりリースしないのでお宝を!
 12本のみ分けてくれましたので試飲が出来そうにも有りません。

 たまに出してくるグラン・オーディネール・ルージュです。
 ヴォルテックスの高橋さん曰くやや還元香がありますが、数時間で減ってきます。
 色は、明るく透き通った赤にごく薄い紫色が入ります。
 タンニンが柔らかく、甘みを感じます。しなやかな造り。
 1日経つと香りと味わいのバランスがとれています。
MORITAYAより)



2009はタカムラで3760円でした。2010は優心美酒SHIMURAでは4500円。



Bourgogne Grand Ordinaire Rouge Prieure Roch 2010 Part2




湘南ワインセラーで購入。抱き合わせ販売。Bourgogne Rouge Pinoterieと一緒で14200円。
MORITAYAさんでは税込4800円。

2012年8月12日抜栓。コルクにはドメイン名とVintage、トレードマークが刻印されていました。液漏れなし。グラスはリーデルのブルゴーニュタイプを使用。色はかなり薄いルビー。あまり透明感がありません。2010年ってこんなくらいの色合いなのかな?結構薄いです。最初、かなりの還元臭というか硫黄臭がありました。グラスに注いでから40分くらいすぎたくらいからこの還元臭は消えていきました。最初、お花の香り、その後からプンプンとキノコ香、香水の香りがしてきました。これはいい香りですね~。ママちゃんは、ラブ(だったかな?)という香水の味のするガムの香り、と表現、娘さんは、キャベツ、茄子、きゅうりの匂い、と。このくらいの時間でスワリングすると、まだ硫黄の匂いが立ってきます。味わいは、けっこうな酸味を最初に感じますが、その後ベリーの甘さ、しっかりとしたタンニンを舌に感じ、喉に流れていきます。アフタには若干のミネラル感がありますが、そんなに長いフィニッシュではありません。徐々に仄かな甘味を感じるようになりました。ワイン単独で充分いけます。後5年くらいおいておくと、もっと上品な酸になるかもしれません。でも十分今でも美味いと思います。
2日目、すっかりと還元香が消えて、スミレの花、ラズベリー、ブルーベリーの香りがします。気持ち落ち着く香り。娘さんは「りんごジュースとオレンジジュースを混ぜたぶどうジュースの匂い、野菜ジュースの匂い」と言っていました。味わいは、とても綺麗な酸を感じ、その後にほんのり甘さを感じるという、昨日のニュアンスとほぼ同じ。昨日よりもアフタがはっきりと感じられて、しかもミネラル感も強く長いです。なるほど、1日おいたほうがよいと書いてあったのは納得ですね。タンニンは昨日よりもこなれた感じがします。美味しい。
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【Bourgogne Grand Ordinaire Rouge Prieure Roch 2010】

Bourgogne Grand Ordinaire Rouge Prieure Roch 2010貴重品!世界のワインの頂点のひとつ、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(=DRC)。その名を口にする時、誰もが、特別な思いを抱く、そのドメーヌの、二人のオーナーのうちの1人として、知られるのが、アンリ・?...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード