FC2ブログ

Bourgogne Cuvee Numero1 Dominique Laurent 2010

Bourgogne Cuvee Numero1 Dominique Laurent 2010
Bourgogne Cuvee Numero1 Dominique Laurent 2010
ドミニク・ローラン

<ドミニク・ローランとは?>
彼の造り出すワインは豊かな果実味と芳醇な味わいでたちまち評判を呼び、パーカーやステファン・タンザー等のワイン評論家たちより高く評価されております。また、昔ながらの伝統に重きをおきながらも「新樽200%*」という画期的な熟成方法を採り入れるなど、ワイン造りに取り組む姿勢は常に情熱的です。

*新樽200%とは 彼が熟成に樽を用いる目的は、樽香を付けるためではなく、最適な量の酸素をワインに供給することにあります。従って新樽に入ったワインを購入して熟成させるにあたりさらに決めの細かい新樽に移し変えて熟成を行うのです。
ワインスペクター誌で「200%New Oak」と評論された事から今や彼の代名詞となっています。

ドミニク・ローラン/ブルゴーニュNo1[2010]

単なるブルゴーニュ・ルージュではないドミニク・ローランのブルゴーニュ・No.1。
ドミニク・ローランの中では特にコストパフォーマンスが高いとされる一品。
「No.1」は ドニミク・ローランが非常に気に入ったもののみにつける称号です。
ワインズナカシマヤより)




ブルゴーニュ・No1(ヌメロ・アン)
Bourgogne N°1, De luxe

商品名の通りラインナップの中で洗練度においてナンバーワン(No1)を表現したワイン。
このキュヴェを造るのに使われるワインは他のワインよりも良いもので、コート・ド・ニュイの村名ものを80%使用。
つまり格下げをしたものブルゴーニュ・ルージュにしている。
素晴らしいキュヴェでも、テロワールが強すぎるものは使っていない。
100%樽熟成。ノンフィルター。「ヌメロワンの醸造哲学は"非常に洗練されていること"、"早く飲み頃をむかえること"、ですが10年経っても美味しく飲むことができる。」
KAWADEより)





【ドミニク・ローラン】
Dominique Laurent

(以下輸入元資料)

2011年ドミニク・ローラン来日試飲会&セミナー

セミナー冒頭の挨拶ではまず、大震災による被災を受けた日本に対して触れていたドミニク・ローラン。

「日本には親しい友人も多く、とても心配していた。心からお見舞いを申し上げたい。そしてこの困難な状況の 中、来日することが出来、こうしてお目にかかれたことがとてもうれしい。困難な状況に寄り添うのが真の友人だと思う。」

と話してくれたドミニク。セミナーでは、2008年ヴィンテージの話を 中心に、畑やドメーヌの現在を語ってくれました。


・畑やドメーヌについて

葡萄生産者からワインを購入し、少量で多銘柄を生産 するメゾンラインと並行して、息子のジャンとともに始めたドメーヌも新たに畑を購入し、拡大しています。ドメーヌでは樹齢の高いブドウ樹を有機栽培し、基本的に除梗せず全房発酵をさせています。樽での熟成もメゾンに比べると約半分の10 ヶ月~12 ヶ月と短めです。それでもワインには十分に熟成感があり、葡萄の持つ深みや細かな特徴が伝わるワインを目指すのがドメーヌのスタイルのようです。彼は語ります。

「私自身は、選果をしないこと、除梗をしないこと、滓引きをしないことがワインのおいしさにつながると確信している。食用の葡萄とワイン醸造用の葡萄は違うということを良く理解していない人間が選果作業をした場合、食用葡萄の判断基準で、ワイン造りにとって素晴らしい葡萄を捨ててしまいかねない。食用葡萄の糖度は8~9度なのに対し、ワイン用は13~14度もある。しわしわで、一見腐ったようにも見える、ドライいちじくのような葡萄がワインにするにはとても良いものなのだ。ただしメゾンの場合、収穫時に除梗をする、しないは生産者に委ねている。生産者が除梗してのワイン造りに慣れている場合には、無理に除梗させるよりもメリットがあるからだ。滓引きをしないでワインを造ることはとても難しいし、テクニックが必要だ。リスキーでもある。しかし、私にはかつてワイン造りを教えてくれた生産者から教えられたテクニックがあるので、ボトリングをする時の1回だけ滓引きをするだけだ。
SO2 はボトリングの時にすら使用しない」

ワイン造りをする上で、「必要」だと思われている作業もワインのおいしさを損なうものであれば控える、ブルゴーニュでの昔からの醸造方法の良い部分はかたくなに守りぬくという信念が伝わってきます。「○○をしない」と「しない」ことを積み重ねていくスタイルをドミニク は「引いて引いて、よりピュアなものが出来る」と表現していました。簡素な美しさを良とする引き算文化の日本にとっては共感できる人が多いのではないでしょうか。

除梗をする、しないの話については、新たにメゾンからリリースされた、ジュヴレ・シャンベルタ ン・ビオについての話を聞いているときに生じた「除梗をしないほうがおいしいワインにつながると言っていたのになぜビオは除梗するのだろう」と感じたことをドミニクに尋ねた時に答えてくれました。生産者と固い絆で結ばれたドミニクらしいやり方だと思います。滓引きとSO2 添加なしで
どうやったら良質でおいしいワインが造れるかについては、職人かたぎのドミニクにとっては 「門外不出の秘伝!」ということで、残念ながら聞き出せませんでした。

また、実際のところ、メゾンもドメーヌもほぼ有機栽培をしているのに、「ビオを名乗るのはジュヴレ・シャンベルタンだけなのはなぜなのか」という疑問については「ビオマークをつけてOK という許可が出たのがG・シャンベルタンだから」という答えが。食道楽を自負するドミニクにとって、化学薬品は出来るだけ加えないものが望ましく、有機栽培はよりおいしいものを手に入れるための通過点に過ぎないため、ビオマークがボトルに貼られるか否かということには関心がないようです。「マーケティングとしてのビオは不要」だとも話していました。

また、2009年からはドメーヌのラインナップに「クロ・ヴージョ」、「エシェゾー」といった偉大なグランクリュと「クレマン・ド・ブルゴーニュ」が加わることになりました。



・2008年ヴィンテージについて

ドミニク・ローラン曰く、「2008年はブルゴーニュにとって 素晴らしい年」だったとのことです。

もちろん、全ての生産者にとって良い年であったわけではありません。

収穫時期を誤ることなく、完熟した葡萄を摘みとることができたからこその言葉でしょう。雨と冷涼な気候が7 月下旬から9 月の初旬まで続いた2008年は造り手としての手腕が問われるヴィンテージだったのです。

彼によれば、
「2008年は、芽吹きは4月で開花は6月だった。2007年の豊作の年の後は、少し木も休息が必要だったのではないだろうか。春の季節は少し雨が多という印象だったが楽観的に過ごせた。夏の初めも7月14日までは上々の気候だったが、この日を境に雨が延々と続いた。さらに“北風”が吹き出し、長年栽培をしている人々に「1965年の悪夢の再来」と怯えさせた。9月は少し穏やかに始まり、雨は少なくなったものの、寒さが続いた。そんな中、開花から100日目が訪れようとしていた。栽培学上も、文化的にも収穫日を意味する日である。しかし、葡萄はまだ熟してはいなかった。 葡萄内の糖分と豊潤さが欠如している状態だったので、収穫は待たなければならなかった」

「このような状況であった2008年が良い年だと主張できるのは、9月末の日々のお蔭である。9月下旬から乾いた北風が吹き、葡萄の水分が飛び、糖度とフェノールの熟成が進んだからである。10月8日から10日までの3日間で、糖度がなんと1.5度も上昇したのだ」

「2008年ヴィンテージを簡潔に表現すると、9月25日以前に収穫をした者はまずいワインを、9月26日から 10月3日の間の収穫をした者は美味しいワインを、それ以降10月8日の週末までの時期に収穫をした者は 素晴らしいワインを、そして10月10日以降に収穫をした者は最高のワインを手にしたのである。1978年の ワインのような極上のワインになると確信している。1993年に酷似しており、素晴らしい色合い、熟成感、信 じられないほどのタンニンの豊かさを持っている。クラシックで長期保存の可能なヴィンテージである」

セミナー終了後に試飲商談会も開催され、2008年ヴィンテージのワインが数々テイスティングされていました。年々素晴らしさが増していていることは間違いないのですが、その素晴らしさはパワフル、凝縮感といったイメージよりも、樽使いの極意をさらに洗練させ、優雅さ、しなやかさといった古典的なブルゴーニュのニュアンスが際立ってきたように思います。
Delivery Wineより)






ブルゴーニュ・ルージュ『キュヴェ・ヌメロ・アン』[2010]ドミニク・ローラン

当たり年の2010年、看板商品のヌメロ・アンは“De Luxe”のネックタグ付き!

 テロワールが強過ぎないキュヴェを選び、ドミニク・ローラン色を前面に打ち出したフラッグシップ。
 作柄の良かった年には“De Luxe”のネックタグが付けられます。

 商品名の通りラインナップの中で洗練度においてナンバーワン(No1)を表現したワインです。このキュヴェを造るのに使われるワインは他のワインよりも良いものを使いました。コート・ド・ニュイの村名ものを80%使用しています。つまり格下げをしたものブルゴーニュ・ルージュに使っているのです。
 素晴らしいキュヴェでも、テロワールが強すぎるものは使っていません。
 100%樽熟成。ノンフィルター。
 ヌメロワンの醸造哲学は「非常に洗練されていること」、「早く飲み頃をむかえること」、ですがこの様なレベルになると10年保存していただいても美味しく飲むことができると思います。ドミニク・ローランのイメージ通りのワインがこのヌメロワンです。

主にコート・ド・ニュイのエレガントなテロワールが表現されているキュヴェを選んでブレンドしたAOCブルゴーニュ。
ドミニク・ローランのお気に入りという意味を込めて商品名にNO1(ヌメロ・ワン)と名付けました。

このNO1(ヌメロ・ワン)と、通常のブルゴーニュ・ピノ・ノワールとの違い
ブルゴーニュ・ピノ・ノワールは、NO1のセカンドワイン的な存在で、NO1にセレクトされなかったものが、このピノ・ノワールになります。
割田屋より)














ブレリアスにて。
抜栓日:2013年6月26日
ドミニク・ローランのワイン、おそらく初めて飲みます。
香りはとてもジャミーで、ストロベリー、ラズベリーの香り。すごく華やか。アセロラ的な香りも感じられます。味わいは、もうイチゴジャム。酸も適度にありますが、ジャミーな甘味が優っています。ACブルにありがちなチグハグ感はあまりありません。ファーストインプレッションは、とてもフレッシュでジューシー。しかし、後半ちょっと飽きてくるかも。ACブルと考えるとフレンドリーで美味しい。
スポンサーサイト



テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード