Pinot Grigio Friuli Colli Orientali Livio Felluga 2015

Pinot Grigio Friuli Colli Orientali Livio Felluga 2015
Pinot Grigio Furiuli Colli Orientali Livio Felluga 2015 part1
リヴィオ フェッルーガ Livio Felluga
リヴィオ フェッルーガは土地の伝統と価値観を重んじ現在のワイナリーを設立しました。
50年代後半にロサッツォ近郊の土地28haを購入したのは、彼の直観と先見の明によるものでした。人々が田舎を捨て、新興の工場が立ち並ぶ街の近隣に移住していったこの頃、彼はフリウーリの土地に留まりました。
リヴィオ自身の尽力、そして子供達マウリツィオ、エルダ、アンドレアの協力のもと、徐々に所有地とセラーを拡大し、現在の総面積は130haに及んでいます。

ピノ グリージョ 2016 リヴィオ フェッルーガ 750ml [白]Pinot Grigio Livio Felluga
価格
4,200円 (税込 4,536 円) 送料別

information
英字名 Pinot Grigio Livio Felluga
ワイナリー名 リヴィオ フェッルーガ
商品情報 金色の輝きを持つ黄色。野生のバラやアカシアの花などのフローラルナ香り、トロピカルフルーツやアプリコットのフルーティな香りなど幅広い複雑な香り。エレガントでボディのある優しい口当たりのワイン。余韻が長い。
内容量 750ml
品種 ピノ・グリージョ100%
産地 イタリア・フリウリ ヴェネツィア ジュリア
カテゴリー コッリ オリエンターリ デル フリウリDOC
味わい 辛口
タイプ 白
輸入元 日欧商事株式会社
トスカニーより)





【リヴィオ・フェッルーガ/Livio Felluga】ピノ・グリージョ 2015/750ml
5,292円(税込)
金色の輝きを持つ黄色。野生のバラやアカシアの花などのフローラルな香り、トロピカルフルーツやアプリコットのフルーティな香りなど幅広い複雑な香りを楽しむことができます。余韻が長く、エレガントでボディのある優しい口当たりのワインです。

ピノ・グリージョ 2014/750mL
金色の輝きを持つ黄色。野生のバラやアカシアの花などのフローラルな香り、トロピカルフルーツやアプリコットのフルーティな香りなど幅広い複雑な香りを楽しむことができます。余韻が長く、エレガントでボディのある優しい口当たりのワインです。
タイプ 白ワイン
品種 ピノ・グリージョ
格付 コッリオDOC
ヴィンテージ 2014
味わい(ボディ) ミディアム
風味 エレガント
テイスト 甘 ○○○● 辛
アロマ アプリコット
合う料理(ペアリング) 魚料理
地域 フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州
ワイナリー リヴィオ・フェッルーガ
内容量 750mL
適温 12~14℃
原産国 イタリア
イタリアカラより)

Pinot Grigio Furiuli Colli Orientali Livio Felluga 2015 part2



http://d.hatena.ne.jp/akirais/20180308/1520471165
ワイン会にて
抜栓日:2018年3月7日
とても透明感のある、輝くイエロー。色合いはさほど濃くはありません。柑橘系の香りに、グリを思わせる、というか渋味を連想させるグリ香を感じます。とてもアロマティックで、ほどよい爽快感が心地よいです。酸はしっかりとしていて、やや冷涼な印象を持ちます。厚みのある味わいで、グリ感もアフタにしっかりと感じます。北イタリアのこの手のワインって、ほんと美味しいんですよね。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Coda Di Volpe Sannio Tenuta Oppida Aminea 2015

Coda Di Volpe Sannio Tenuta Oppida Aminea 2015
Coda Di Volpe Sannio Tenuta Oppida Aminea 2015 part1
オッピダ・アミネア|サンニオ コーダ・ディ・ヴォルペ 2015

4,104 円(税込)
ワイナリー: オッピダ・アミネア
原産: カンパーニア州/サンニオ
容量/度数: 750ml/13.5度
ブドウ品種: コーダ・ディ・ヴォルペ100%

商品詳細情報
僅か0.5ヘクタールの凝灰岩と粘土質土壌の畑。20℃でアルコール発酵後、マロラクティック発酵。大半をステンレス、一部をオーク樽にてシュールリー熟成。
熟した果実を思わせるとろりとした味わい。心地良い塩味と苦味があり、しっかりとしたボディー感がある。
Vino Hayashiより)

Coda Di Volpe Sannio Tenuta Oppida Aminea 2015 part2




Vino Hayashiのイタリアワイン講座の教材。 4,104円

http://d.hatena.ne.jp/akirais/20180408/1523193612
抜栓日:2018年4月8日
()は模範解答
栓:天然コルク、液漏れなし
グラス:バルーンタイプとボルドータイプを使用しました。香り自体はバルーンタイプのほうが好印象でしたが、味わいはボルドータイプのほうが表現されていて、総じてボルドータイプのグラスのほうがよいと思いました。

外観
色調:麦わら色(黄金色)
濃淡:やや濃い(濃い)
透明度:澄んだ
粘性:中程度(やや強い)

香り
強弱:中程度~やや強い(強い)
複雑性:やや高い~中程度(高い)
クオリティー:良質な
特徴:カリン、アプリコットジャム、甘草(カリン、白い花、蜂蜜、オレンジピール、ドライフルーツ、白スパイス)

味わい
ボディー:中程度(しっかりした)
バランス:良
特徴:酸が穏やかで、コンポートっぽい感じとアフタに独特な苦味。醸し感があります(熟した果実を思わせるとろりとした味わい。心地よい塩味と苦味がありしっかりとしたボディー感

柔らかさ:中程度~やや高い(やや高い)
酸味:中程度
ミネラル:中程度(やや高い)
アルコール:中程度~やや高い
余韻:やや長い

コメント:素朴な味わい。酸が柔らかく、自然派の造りっぽい。(オレンジワインとも言うべく、かなり濃い黄金色でエキス分がしっかりとある。塩味からくる旨味が特徴なので、塩麹を使った和食や鶏肉の照り焼きなどと合わせたい。)

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Simbiotico Fiano Senza Uso Di Allergeni Tenuta Oppida Aminea 2016

Simbiotico Fiano Senza Uso Di Allergeni Tenuta Oppida Aminea 2016
Simbiotico Fiano Senza Uso Di Allergeni Tenuta Oppida Aminea 2016 part1
Simbiotico Fiano Senza Uso Di Allergeni Tenuta Oppida Aminea 2016 part2
Simbiotico Fiano Senza Uso Di Allergeni Tenuta Oppida Aminea 2016 part3
Oppida Aminea by MURATORI (オッピダ・アミネア)
ムラトーリ社が経営するカンパーニア州のワイナリー
白ワインを造るために選んだ地が、ナポリから内陸に40キロほど行ったベネヴェントという町です。 醸造家のフランチェスコ・ヤコノは、人間と自然との共生=シンビオティコを目指したナチュラルなワインを誕生させました。
Vino Hayashiより)




一般販売はされてない、というワイン。
ブドウ品種はフィアーノ




Vino Hayashiのイタリアワイン講座の教材。4,104円。

http://d.hatena.ne.jp/akirais/20180328/1522238724
抜栓日:2018年3月28日
インポーター:Vino Hayashi
栓:天然コルク。結構長めで良質なコルクです。
液漏れ:なし
グラス:大きめのバルーンタイプとチューリップタイプを使用しました。さほど印象は変わりませんでした。
アルコール度:13%

()内は模範解答
外観
色調:麦わら色
濃淡:やや濃い(中程度)
透明度:澄んだ
粘性:中程度

香り
強弱:中程度~やや強い(やや強い)
複雑性:中程度~やや高い(やや高い)
クオリティー:良質な
特徴:バナナ、アプリコット、ドライいちじく、ミネラル、蜂蜜(パイナップル、リンゴ、人参、枝豆、酵母、ローストナッツ)

味わい
ボディ:しっかりとした(中程度)
バランス:良い
柔らかさ:中程度
酸味:やや強い(中程度~やや強い)
ミネラル感:やや高い
アルコール:中程度
余韻:中程度~やや長い(やや長い)
特徴:しっかりとした酸と密度のある液質。アフタに若干の苦味。余韻はハーブやミントの感じ。(若いパイナップルのようなフルーティーでジューシーな味わい。酸味とミネラルがキレイに伸びる)

コメント(爽やかな酸味としっかりとした旨みが食欲をそそる。余韻にはクッキーのような香ばしさが。野菜のオーブン焼きやグリルした魚介料理と相性が良い)

たしかに、独特な香りと味わい、余韻。ローストナッツがうまくつかめない。枝豆感はさほどないと思うんだけど・・・製法にシュール・リーとあります。このニュアンスがなかなかつかめない。酵母っぽさはココにあるとおもうんだけど・・・

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Nebbiolo D'Alba Valmaggiore Sangrone Luciano 2012

Nebbiolo D'Alba Valmaggiore Sangrone Luciano 2012
Nebbiolo DAlba Valmaggiore Sangrone Luciano 2012 part1
ルチアーノ・サンドローネ
ルチアーノ・サンドローネのストーリーは非常にシンプルなものです。
大手ネゴシアンで長くセラーの仕事に従事した後、バローロの中心にあるカンヌビの畑を買うチャンスが突然訪れました。最初の収穫は1978年、初めて自ら造ったワインに感銘を覚えました。その後少しずつ畑が増え、毎年造り続けるうち、次第に認知されるようになりました。
ルチアーノと弟のルカは素晴らしいワインを造るために努力し続け、今日、この功績は世界中で認められ、毎年素晴らしい評価を得ています。キーワードはバランスです。
セラーにおける伝統と革新、ワインにおけるエレガンスとボディ、ビジネスにおける国際的な取引と人間同士の付き合い。カンヌビの麓にある新しい醸造所は近代的な設備を備え、バローロ、ランガ、ロエロの地区に最上の畑を所有しています。全てのワインは固有の土壌、ミクロクリマ、酵母を持つ個々の区画を表現したものです。それぞれの畑を理解し、日々注意を払い、尊重することによって初めてその個性をワインに映し出すことができるのです。

Luciano Sandrone
商品名 ネッビオーロ・ダルバ・ヴァルマッジオーレ 2012 / ルチアーノ・サンドローネ
Nebbiolo d’Alba Valmaggiore 2012 / Luciano Sandrone
商品番号 5486ps
商品説明 ネッビオーロに対する強い情熱、土壌によって様々な表情を見せるその特徴を表現したいという欲求から生まれたワインです。
ロエロ地区、Vezza d’Albaに位置する歴史的なクリュの一つ、Valmaggioreのブドウを使用。初めての収穫は1994年でした。

イタリア、ピエモンテ Italia Piemonte
葡萄品種:ネッビオーロ100% 赤ワイン
畑:Vezza d’Alba Valmaggiore
標高:270m
平均樹齢:25年
土壌:砂質
醸造:ステンレス・タンクでマセラシオン9~10日間、発酵28日間、500リットルのフレンチオーク古樽でMLF後、12ヶ月熟成、さらに9ヶ月瓶熟。
イージーワインより)





ネッビオーロ・ダルバ・ヴァルマッジオーレ2013(ルチアーノ・サンドローネ)
ワイナリーの設立は1978年と比較的新しいが、イタリアワイン・ファンには説明不要のバローロを代表する名手、ルチアーノ・サンドローネ。看板ワインのバローロ・カンヌビ・ボスキスは人気漫画【神の雫】の第六の使徒として登場し、話題になった。サンドローネのワインはエレガントで傑出したバランスを持った垂涎の美酒!

元々はマルケージ・ディ・バローロなどに勤めていたルチアーノ・サンドローネだが、カンヌビ・ボスキスの畑を購入するチャンスが突然訪れ、1978年に自らのワイナリーを設立した。80年代中頃から専門誌などで高い評価を得るようになり、現在の評価は周知の通り。
サンドローネは畑仕事に力を注ぎ、農薬などの人為的な処理や作業は最小限に抑え、有機肥料による自然農法でブドウの力を最大限に引き出す栽培を心掛けている。造り出される全てのワインは固有の土壌、ミクロクリマ、酵母を持つ個々のテロワール(区画)を見事に表現していると評されている。造られているワインは単一畑のバローロ・カンヌビ・ボスキス、4カ所の畑のブレンドで造るバローロ・レ・ヴィーニェ。そしてロエロ地区の樹齢の高いネッビオーロから造られるネッビオーロ・ダルバ・ヴァルマジオーレ。さらにバルベーラやドルチェットなどどれも傑出したワインを生んでいる。

【ネッビオーロ・ダルバ・ヴァルマッジオーレ】
このネッビオーロ・ダルバはサンドローネのネッビオーロ種に対する強い情熱が生んだワイン。土壌によって様々な表情を見せるネッビオーロの特徴を表現したいという欲求から生まれた。そこで選ばれたのはロエロ地区のヴェッツァ・ダルバに位置する伝統的なクリュ、ヴァルマッジオーレ。これはヴァルマッジオーレから造られる単一畑のワイン。この畑には樹齢50年以上の古樹も植えられている。初ヴィンテージは1994年だが今やワイナリーの人気ワインの一つになっている。リーズナブルな価格から2枚看板のバローロの弟的存在のワインでもある。イチゴ、ラズベリー、チョコレートのアロマを感じ、エレガントでバランスのいい果実味が口中で花開く。サンドローネのエレガントなネッビオーロを知る入門編としても最適。早い時期からネッビオーロの魅力を楽しめる美酒。 
 2013年の収穫は9月28日~10月10日に行われた。ステンレス・タンクで醸造後、500リットルのフレンチオークの古樽で12ヶ月熟成。2014年12月下旬にボトリング。その後9カ月以上の瓶熟を経てリリース。赤/DOC
ワイン&リカーFUJIYAより)





ネッビオーロ ダルバ ヴァルマッジョーレ 2012 ルチアーノ サンドローネ 赤 750ml
Nebbiolo d'Alba Valmaggiore 2012 Luciano Sandrone

【赤】【フルボディ】【アルコール度数13.5%】
葡萄品種:ネッビオーロ(100%)
熟成:500Lフレンチオーク(トノー)の古樽で12ヶ月間

バローロについて会話をする時に必ず出てくる話題と言えば伝統的かモダン的かという話になりますが、ルチアーノ・サンドローネは伝統派に最も好まれるモダン派と定義できる造り手です。その理由は全ての偉大な生産者と同じく、彼は単一畑を力強く明確な個性を持って表現しているので、醸造時の差異は取るに足りないと思えるからです。娘のバルバラと弟のルーカがオーナーのルチアーノを助けて、毎年すばらしいワインを醸造しています。

輝きのあるガーネットの色調。スミレやバラの芳香があり小さなバローロをイメージできます。他にもエレガントな香りでチェリーやラズベリーの香りを楽しめます。樽のニュアンスが美しく溶け込み、このワインに複雑さを与えています。バランスが取れていて滑らかで豊潤なエレガントさもあります。

ビベンダ2015 4グラッポリ

相性の良い料理:サルティンボッカ キノコの付け合わせなど

SANDRONE
住所 : Via Pugnane, 4 - 12060 Barolo(Cuneo)
設立 : 1978年
オーナー : Luciano Sandrone
エノロゴ : Luciano と Luca Sandrone
年間生産量 : 95,000
所有ブドウ畑 : 21,5ha + 5,5ha(借用)  
タストヴァンより)


Nebbiolo DAlba Valmaggiore Sangrone Luciano 2012 part2

イージーワインより購入。3,760円(税抜)

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Sancrispino Syrah Merlot Cantie Ronco

Sancrispino Syrah Merlot Cantie Ronco
Sancrispino Syrah Merlot Cantie Ronco part1
サンクリスピーノ オーガニック ロッソ
SANCRISPINO ORGANIC IGT SYRAH MERLOT
チェヴィコロゴ チェヴィコ
CEVICO SOC.COOP

最先端の技術・設備が生み出す スタイリッシュでモダンなワイン チェヴィコ・グループは1963年、イタリア北中部・エミーリア・ロマーニャ州 に創業されたコーポラティブ(協同組合)です。イタリアのワイン・グループ で最も急速に成長、生産量は国内第二位、世界44カ国へ輸出しています。日本人向けの軽やかで繊細な味わいのワインを開発にも取り組む注目の メーカーです。最先端の技術と設備から生み出されるスタイリッシュで モダンなワインは、現代人の嗜好によく合います。

原産国 イタリア 参考上代 ¥700
生産地域 エミーリア・ロマーニャ JANコード 8011510017305
地域/産地(格付) テッレ・シチリアーネIGT 入数(1CS) 10
味わい(甘辛) 辛口 容量(ml) 500
タイプ(ボディ) ミディアムボディ アルコール度数 13.0%
飲み頃温度 18℃ 色 赤
栓の仕様 その他 ヴィンテージ
ケースサイズ(mm) 幅383 高さ125 奥行51 ケース重量(g) 5,500
単品サイズ(mm) 幅75 高さ120 奥行70 単品重量(g) 500
ブドウの品種 シラー、メルロー
平均樹齢
熟成樽 無
生産者webサイト http://www.cevico.com/en/home#
受賞歴/評価
セールスコピー
チェヴィコ・グループとカンティーナ・ロンコ、そしてシチリアきっての大手コーポラティヴ、コロンバ・ビアンカとの緊密なコラボレーションから産まれたオーガニックワイン。

栽培・醸造
シチリア産のシラーと、メルローを別々に収穫、圧搾。オーガニック認証された天然由来の酵母のみを使用しステンレスタンク内24℃で発酵。7日間の浸漬後、その後別々のタンクに移し6~8ヶ月間熟成。ブレンド後、軽く清澄、ろ過して無菌パッキング。二酸化硫黄の使用を一般的なワインに比べ平均30%削減。

テイスティングコメント
ルビー色の輝きのあるきれいな赤。完熟プラムや赤スグリの香り。ソフトなタンニンと酸味が溶け込んだ粘度の高いミディアムボディ。

相性の良い料理
熟成したチーズ、赤身肉のローストやグリル
AGRIより)

Sancrispino Syrah Merlot Cantie Ronco part2



スーパーアークスで購入。500mlで517円(税込)だったかな?
http://d.hatena.ne.jp/akirais/20180223/1519386391
抜栓日:2018年2月23日

テトラパックでプラスチックキャップ。色合いは、パープルルビーで、比較的濃い目。

エッジは均一で、粘性は中程度。アルコール度数13%

最初、たしかに胡椒系の香り。時間がたってプラム系の香りが合わさってきます。複雑さは皆無ですが、ほぼ変わらない感じで香りが持続しています。

タンニンはさほど強くなく、フレッシュな紫系の果実味が感じられます。酸はしっかりとしています。ややケミカルな印象もありますが、値段相応のワインじゃないかな?

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Sancrispino Catarratto Inzolia Cantie Ronco

Sancrispino Catarratto Inzolia Cantie Ronco
Sancrispino Catarratto Inzolia Cantie Ronco part1
サンクリスピーノ オーガニック ビアンコ
SANCRISPINO ORGANIC IGT CATARATTO INZOLIA
チェヴィコロゴ チェヴィコ
CEVICO SOC.COOP

最先端の技術・設備が生み出す スタイリッシュでモダンなワイン チェヴィコ・グループは1963年、イタリア北中部・エミーリア・ロマーニャ州 に創業されたコーポラティブ(協同組合)です。イタリアのワイン・グループ で最も急速に成長、生産量は国内第二位、世界44カ国へ輸出しています。日本人向けの軽やかで繊細な味わいのワインを開発にも取り組む注目の メーカーです。最先端の技術と設備から生み出されるスタイリッシュで モダンなワインは、現代人の嗜好によく合います。

原産国 イタリア 参考上代 ¥700
生産地域 エミーリア・ロマーニャ JANコード 8011510017312
地域/産地(格付) テッレ・シチリアーネIGT 入数(1CS) 10
味わい(甘辛) 辛口 容量(ml) 500
タイプ(ボディ) ミディアムボディ アルコール度数 12.0%
飲み頃温度 12℃ 色 白
栓の仕様 その他 ヴィンテージ
ケースサイズ(mm) 幅383 高さ125 奥行51 ケース重量(g) 5,500
単品サイズ(mm) 幅75 高さ120 奥行70 単品重量(g) 500
ブドウの品種 カタラット、インツォリア
平均樹齢
熟成樽 無
生産者webサイト http://www.cevico.com/en/home#
受賞歴/評価
セールスコピー
チェヴィコ・グループとカンティーナ・ロンコ、そしてシチリアきっての大手コーポラティヴ、コロンバ・ビアンカとの緊密なコラボレーションから産まれたオーガニックワイン。

栽培・醸造
シチリア産のカタラット&インツォリアを別々に収穫、圧搾。オーガニック認証された天然由来の酵母のみを使用し、ジュースの酸化を防ぐためステンレスタンク内16℃で低温発酵。別のタンクに移しシュール・リーで6~8ヶ月間熟成。ブレンド後、軽く清澄、ろ過して無菌パッキング。二酸化硫黄の使用を一般的なワインに比べ平均30%削減。

テイスティングコメント
金色の輝きを持つレモン色。モモやアンズ、カリン、ぼだい樹の花、そしてミネラルの風味が入り混じった洗練された香り。弾けるような酸味と豊満な味わい、余韻も非常にフルーティーなミディアムボディ。

相性の良い料理
フレッシュな魚介の冷製、グリル、フライと。
(AGRIより)

Sancrispino Catarratto Inzolia Cantie Ronco part2




スーパーアークスで購入。500mlで517円(税込)だったかな?
http://d.hatena.ne.jp/akirais/20180223/1519386390
抜栓日:2018年2月23日
パックでプラスチックキャップ。色合いは、比較的濃い目のイエロー。
ディスクは中程度で、輝きあり。年生は中程度。アルコール度数12%
香りが弱いです。それでも探りに行くと、洋ナシ、レモン系の柑橘香がとれます。娘さんは開口一番「ラ・フランス」と言っていました。
酸は比較的穏やかで、乳酸系の味わいと、ほどよい厚みがあって、アフタに苦味を伴います。温度が上がると甘味がつよくなりますが、基本ドライな作り。
あとで、鼻にかぼす系のニュアンスが立ち上っていきます。たぶん、生の魚介類は合わないと思います。基本火の通ったもので豚肉とかにはいい感じかな?
500mlで500円代、これをどうとらえるかですね。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Luris Vermentino di Gallura Depperu 2016

Luris Vermentino di Gallura Depperu 2016
Luris Vermentino di Gallura Depperu 2016 part1
DEPPERU(デッペール)
これまでイタリアを出ることの
なかった門外不出の島ワイン。
初めてルイナスを飲んだのは2005年、ミラノのワインバーでした。私の知っていたサルデーニャの白とは全く違う美味しさを感じたことをはっきり記憶しています。

同年の夏、当時1つ星だったサルデーニャのリストランテ・ラ・グリッタでお手伝いをした際、有名ワインを差し置いて、3週間で120本以上をサービスしました。

その後、私が参画しワインリストを作成したミラノのリストランテ・トラサルディ(後に2つ星を獲得)でも、イチオシのヴェルメンティーノとしてルイナスを選出し、高い評価を頂きました。現在も友人・知人に勧めるお気に入りのひとつです。ー林基就

デッペール|ヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラ ”ルーリス” 2016

4,536 円(税込)
収穫は9月の2週目。フレッシュさを残すために低温でマセレーション。緑がかった麦わら色。トロピカルフルーツや白い花の香りが感じられ、旨みのある凝縮された味わいが特徴的です。ミネラル、酸味、塩味、苦味らがうまく均衡を保っており、キレイな余韻が感じられます。

ワイナリー: デッペール
原産: サルデーニャ州/リンバラ
容量/度数: 750ml/13.5度
ブドウ品種: ヴェルメンティーノ100%
Vino Hayashiより)

Luris Vermentino di Gallura Depperu 2016 part2



Vino Hayashiのイタリアワイン講座の教材。4,536円。

http://d.hatena.ne.jp/akirais/20180210/1518257968
抜栓日:2018年2月10日
(括弧内は教材の模範解答)

外観
色調:レモンイエロー(グリーンイエロー)[確かに、緑ありました]
濃淡:中程度(やや濃い)
透明度:澄んだ
粘性:やや強い

香り
強弱:やや強い(強い)
複雑性:中程度(高い)
クオリティー:良質(卓越した)
特徴:レモン、ミネラル、ヒヤシンス、カリン、バラ
(シトラス、夏みかん、ウイキョウ、パイナップル、ラムネ)
[とにかく、けっこう華やかな香りであることには間違いない]

味わい
ボディ:しっかりとした(中程度)
バランス:良い
柔らかさ:中程度~やや高い(やや高い)
タンニン:(-)
酸味:やや強い
ミネラル感:高い(やや高い)
アルコール度:中程度~やや高い(やや高い)
余韻:長い(やや長い)
特徴:柑橘系の上質な香りと非常に伸びやかな酸。口いっぱいに広がる果実味。少しの苦味がアクセントになり、余韻長い
(潮っぽいミネラルとほのかな苦味。果実味もしっかりと感じられ余韻にコクが残る)
コメント:アロマチックで気品の高い感じのワイン。美味しい
(トロピカル系ワイン。カニ、オマール海老などの甲殻類と合わせたい。後味に心地よい苦味も感じられる)

結構いい値段します。美味いです。典型的なヴェルメンティーノなんだと思います。
2日目もほぼ変わらず、美味しくいただけました。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Ferre Siciliane Naisi Nero DAvola Cabernet Sauvignon Brugnano 2014

Ferre Siciliane Naisi Nero DAvola Cabernet Sauvignon Brugnano 2014
Ferre Siciliane Naisi Nero DAvola Cabernet Sauvignon Brugnano 2014 part1
BRUGNANO(ブルニャーノ)
量から質へと変革を遂げた
シチリアのニュー・スタンダード。
ブルニャーノのワイナリーは、シチリア島北西部の州都パレルモの西側に位置します。海と山に挟まれた場所で、周辺には最新設備を揃えた大規模ワイナリーが点在しています。

ワイナリーとしての出発は70年代に遡ります。ブルニャーノ兄妹の父親がスタートさせ、良質なブドウ/ワイン生産者として、イタリアはもちろんヨーロッパ中のワイナリーに名を知らしめましたが、父親が作ったワインはバルク(瓶詰め前の状態)で他のワイナリーに売られ、そこでワインとしてボトリングされたあとは全く自分たちとは関係のないラベルをつけて市場に出回っていました。

自分たちのプライド、情熱を懸け、ブルニャーノ兄妹は自分たちの子供とともに瓶詰めを始めることを決断。2006年、遂にブルニャーノの名前を冠したワインが世の中に出回ることになりました。彼らが目指すのは、自分たちがこよなく愛するシチリアを表現すること。国際品種を積極的に取り入れつつも、土着品種をベースにシチリアらしいワイン造りに取り組んでいます。

ブルニャーノ|テッレ・シチリアーネ “ナイジ”  2014
3,888 円(税込)
ワイナリー: ブルニャーノ
原産: シチリア州/パルティニーコ
容量/度数: 750ml/14.0度
ブドウ品種: ネロ・ダーヴォラ 75%/カヴェルネ・ソーヴィニヨン 25% 25%
獲得ポイント 36 pt
個数

1
在庫  残りあと 6
在庫の詳細を見る
カートに入れる
ブルニャーノ|テッレ・シチリアーネ “ナイジ”  2014に対するお問い合わせ
商品詳細情報
ステンレスタンクにて9ヶ月間熟成。ざくろ、すぐり、ブルーベリー、熟したチェリーといった小さい果実の香りから、プルーンや杏、スパイスまで複雑な香りが広がります。デレスタージュによりソフトできめ細かい良質のタンニンとなり、洗練された味わいに。
Vino Hayashiより)

Ferre Siciliane Naisi Nero DAvola Cabernet Sauvignon Brugnano 2014 part2




Vino Hayashiのイタリアワイン講座の教材。3,888円。

http://d.hatena.ne.jp/akirais/20180208/1518085351
抜栓日:2018年2月8日

(括弧内は教材の模範解答)
外観
色調:紫がかったルビー(ルビー色)
濃淡:濃い
透明度:澄んだ
粘性:やや高い
 
香り
強弱:やや強い
複雑性:やや高い
クオリティー:良質~卓越した(良質)
特徴:ブラックチェリー、チェリージャム、イチジク、野菜、チョコレート
(ブルーベリー、木いちご、カシス、チェリー)

味わい
ボディ:しっかりとした(中程度)
バランス:良い
柔らかさ:中程度
タンニン:やや強い(中程度~やや強い)
酸味:やや強い(中程度~やや強い)
ミネラル感:やや高い(中程度)
アルコール度:中程度~やや高い(やや高い)
余韻:やや長い
特徴:ヤマブドウのようなしっかりとした酸。かなりしっかりとしたボディで、野性的な甘酸っぱさ。アフタに干しぶどう的なニュアンスを感じる
(タンニンはしっかり詰まった感じがあるがきめ細やか。余韻にブルーベリーの風味が長く感じられる)

コメント:野性味豊かなワイン。かなりしっかりとした料理に合いそう。赤黒い果実とヤマブドウをそのまますりつぶしたような味わい。ほんのりとパッシート的なニュアンスを感じる。
(ビロードのようなタンニンが特徴的。カボナータかトマトソースを使った鶏肉や豚肉料理と合わせたい)


なるほど。けっこうな野性味を感じるが。。。 ブルーベリーと言われればそういう感じもする。この干しぶどう感は酸化的なニュアンスなんだろうか?

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Vino Bianco Catarratto C Guccione NV(2013)

Vino Bianco Catarratto C Guccione NV(2013)
Vino Bianco Catarratto C Guccione NV(2013)
C カタラット N.V. フランチェスコ グッチョーネ 白 750ml
C Catarratto Vino Bianco N.V. Francesco Guccione

【白】【辛口】【アルコール度数13.5%】
等級 : Bianco Vino da Tavola
葡萄品種:カタラット(100%)
熟成:フランス産アカシアの木樽で1年間

色調は濃く、蜜の香りに味わいはドライです。グッチョーネのワインに共通する旨みとミネラル感があり、品種の個性と樽熟成からくるシェリーのような香りが特徴です。

相性の良い料理:ムール貝のトマトソース煮込みなど

FRANCESCO GUCCIONE
住所 : Corso Trieste 46 - 90040 San Cipirello (Palermo)
設立 : 2002年
オーナー : Francesco Guccione
エノロゴ : Francesco Guccione
年間生産量 : n.d.
所有ブドウ畑 : 6ha

畑は標高500mのパレルモ県モンレアーレ村にあり、醸造所はモンレアーレのやや南西にあるサン チピレッロという小さな村に近いところにあります。葡萄栽培の畑は6haあり、オーナーのフランチェスコ氏自ら管理を行っています。トレッビアーノ、カタラット、ネレッロマスカレーゼ、ペコリーノを栽培。これらの品種はシチリアの強い熱への耐性があり、500mという標高の高さへの防御力を持っています。畑はビオディナミ農法の原則に則り管理しています。20年ほど前から有機栽培を行っており、最初にビオディナミ農法のメソッドを取り入れたのは十数年前です。

製造元 : フランチェスコ グッチョーネ
希望小売価格 : 3,780円
価格 : 2,980円(税込3,218円) 

3000Lのステンレスタンクにて自然酵母を用いて発酵、15日間のマセラシオンを行います。その後、3000Lのフランス産アカシアの木樽で1年間熟成して瓶詰め。

2011年、兄のマンフレディ氏が不慮の事故により兄弟で運営してきたワイナリーは破壊的な悲劇を迎え運営困難な状況になりましたが、翌2012年、グッチョーネ家所有の半分の畑を売却し、当初からある畑と新しいワイナリーでフランチェスコ氏は再出発しました。

フランチェスコ氏が「ビオディナミ農法」というものを知ったとき、それらに用いられている手法の多くは、すでに畑で実践しているものでした。畑の管理だけではなく、醸造でもレセクション酵母は一切使用せず、人工的、化学的な技法によるモスト(ワインにするブドウジュース)やワインの修正は一切行っていません。自然発生によるマロラクティク発酵、ノンフィルター、SO2は可能な限り最小限に留めることを徹底しています。
タストヴァンより)





アカシヤ樽熟成の豊かな香りと瑞々しくクリアーな果実感
自然派グッチョーネが造る
土着品種「カタラット」

C カタラット グッチョーネ
C Cataratto Guccione C カタラット グッチョーネのボトル全体
商品情報
アカシヤ樽熟成の白「カタラット」
ラベルに書かれた「C」はシチリアを代表する白ブドウ品種のカタラットを意味します。グッチョーネは3000リットルのアカシヤの樽で自然酵母を用いて醗酵、15日間のマセラシオンを行った後、1年間熟成させて瓶詰めします。フランチェスコ氏は「いろいろ試したのですが、カタラットとアカシヤ樽の相性が良く、ステンレスタンクは使っていない」と教えてくれました。

豊かな果実香とミネラルやナッツの香ばしさ
色調はグッチョーネのトレッビアーノに比べて色濃く、熟した果実香に豊かなミネラルとナッツの香ばしさ、樽熟成由来のシェリーのような綺麗な香りが重なります。

クリアーで透明感のある瑞々しい味わいの辛口
飲むと、背筋にピシッと走る酸とミネラルのシャープな味わいが印象的な辛口のワインです。樽をまとった果実感は円やかですが、重々しさは無く、クリアーで透明感のある瑞々しい味わいはキープされています。酸とミネラルの溶け合った旨味が印象的です。魚介類との相性は抜群で、特に甲殻類には非常に良い相性を魅せてくれます。
生産者情報
グッチョーネ Guccione
フランチェスコ グッチョーネ氏パレルモの南モンレアーレに位置するグッチョーネ
グッチョーネはパレルモの35km南、モンレアーレの南西に位置するサンチピレッロ村にあります。パレルモから車で1時間半程山道を登った場所にあり、標高は450~500メートルに位置します。ぶどう造りや農業は19世紀の初め頃から行っていましたが、ワイン造りを始めたのは現在のオーナーであるフランチェスコ グッチョーネ氏の父、レオルーカ氏の遺産として15haの畑を受け継いだ2000年から、と非常に新しいワイナリーです。

徹底したビオディナミ農法と唯一無二のシチリア西部のテロワール
設立当初、兄のマンフレディ グッチョーネ氏がオーナーとなり、共にワイナリーを経営し、徹底したビオディナミ農法での栽培、シチリア西部で標高500mという唯一無二なテロワールを表現し、グッチョーネのワインはヨーロッパを始め、注目を浴びました。評価本や雑誌でも、注目されるシチリアワインとして多々取り上げられました。しかしながら、2012年夏、兄のマンフレディ氏が不慮の事故により他界。ワイナリーの経営が難しくなり、畑の約半分を売却することとなりましたが、フランチェスコ氏は自分が受け継いだ6haの畑で、2012年から彼自身のワインを造ることを決心しました。

兄マンフレディ氏の死を乗り越え、生まれ変わった「グッチョーネ」
兄、マンフレディ氏の「グッチョーネ」は2014年春に閉めてしまいましたが、フランチェスコ氏の強い情熱により、「グッチョーネ」が生まれ変わったのです。フランチェスコ氏は、友人であるフランス、ロワール地方のニコラ ジョリー氏の哲学から影響を大きく受けています。また、故郷であるこのモンレアーレの土地とテロワールへの情熱と愛情が、極限までビオディナミ農法を用いる原動力となっています。

「テロワールが健全で素晴らしいから、何もする必要はないし、しない方が良い」
どんなに労働力がかかっても化学肥料は一切使いません。それでいて、フランチェスコ氏は肩肘はらない、とても自然体な人です。それはワイン造りによく表れており、畑も必要最低限、ぶどうが欲していること、ぶどうが健全でいるためにしなければならないことしかしません。醸造においても畑の管理と同じ手法や考え方を取り入れています。野性酵母のみを使用し、人工的や化学的なアプローチは一切せず、醸造は至ってシンプルです。人の手はできるだけ加えず、ノンフィルターでボトリング、SO2もできる限り少なくします。「テロワールが健全で素晴らしいから、何もする必要はないし、しない方が良い」というのが彼の考え方です。

生産量は極僅か16000本にも満たない
栽培されている品種はトレッビアーノ、カタラット、ペッリコーネ、ネレッロマスカレーゼの4種で、全て合わせても生産本数は16000本と極少ないものです。出来の悪い年には生産量は半分以下にもなるそうです。また、世界的自然派ワイン生産者の団体「ルネッサンス デ アペラシオン」にも参加していて、フランスの世界的生産者「ニコラ ジョリー」や「ルロワ」、イタリアの「マンフレディ」や「エミディオ ペペ」らと共にビオディナミ農法の哲学や手法を共有しています。

旨味の凝縮した唯一無二の個性
グッチョーネの知名度は日本ではまだそれほど高くはありませんが、世界的には確実に広まりつつある、今後ブレークすること間違いない自然派ワイナリーです。世界的有数の自然派ワイン生産者からも認められた実績を持ち、ここ2年ほどで日本のイタリアンレストランのソムリエや専門家に非常に注目を集めはじめました。白は辛口でありながら、濃厚で柔らかく旨味に満ちた濁りがある色調で見事な余韻です。赤は凝縮した風味と果実感がありながら、ウルトラスムーズな飲み口とふんわりとした余韻がとても魅力的です。

トスカニースタッフもお気に入りのワイン
トスカニースタッフの中でも、特に白のトレッビアーノは大人気で、抜栓2日後の綺麗な旨味と豊かな余韻があり、一同驚きました!とっつきにくさは皆無の心地良い飲み口のしなやかな自然派グッチョーネのワイン。生産量も非常に少ないです。2013年は生産本数16000本程度でしたが、2014年は半分程になりそうとの事です。見逃せません。この唯一無二の味わいは5000~6000円級の自然派ワインといっても過言ではありません。是非一度お試し下さい。

アカシヤ樽熟成の豊かな香りと瑞々しくクリアーな果実感自然派グッチョーネが造る土着品種「カタラット」

C カタラット NV グッチョーネ 750ml [白]C Cataratto Guccione
価格
3,180円 (税込 3,434 円) 送料別


information
英字名 C Cataratto Guccione
ワイナリー名 グッチョーネ
商品情報 3000リットルのアカシヤの樽で自然酵母を用いて発酵、15日間マセラシオンを行う。そのまま1年間熟成し、ブレンドし、瓶詰めする。飲むと、背筋にピシッと走る酸とミネラルのシャープな味わいが印象的な辛口のワインです。樽をまとった果実感は円やかですが、重々しさは無く、クリアーで透明感のある瑞々しい味わいはキープされています。酸とミネラルの溶け合った旨味が印象的です。魚介類との相性は抜群で、特に甲殻類には非常に良い相性を魅せてくれます。
内容量 750ml
品種 カタラット 100%
産地 イタリア・シチリア
カテゴリー VdT
味わい 辛口
ボディ 重口
タイプ 白


2016年1月21日 グッチョーネ社 フランチェスコ グッチョーネ氏
シチリア注目の自然派グッチョーネ!標高500メートルの畑、ビオディナミ農法で表現する唯一無二のワイン
グッチョーネ社 フランチェスコ グッチョーネ氏
グッチョーネは、シチリア自然派ワイナリーとして近年注目を集めている造り手です。パレルモ近郊のモンレアーレ村で何世紀にもわたって農業を営んできた家族に生まれたフランチェスコ氏が兄マンフレディ氏とともに2002年にワイナリーを立ち上げてスタート。シチリアでは珍しいトレッビアーノや、土着品種カタラット、ネレッロマスカレーゼ、ペリコーネから、土地を最大限に表現するワインを造り、評価を受けています。グッチョーネのワイン造りのポリシーについてオーナーのフランチェスコグッチョーネ氏にお聞きしました。
シチリアの北西部、パレルモ近郊の標高500メートルの丘陵地帯の中にある畑
グッチョーネは、シチリアの北西、パレルモ県のモンレアーレ村にあります。パレルモからは約35~40キロメートルぐらいの距離です。私の家族は代々ここで農業を営んできて、私がワイン造りを始めました。

パレルモから南西部のシャッカまで、オリーブ畑や古代遺跡が丘陵地帯の中を続いていくとても美しい道があるのですが、私たちの畑はその丘陵地帯の始まりあたりです。畑は標高500メートルの場所にあります。

近所には数社ワイナリーがあります。大きな協同組合もあります。最近、私たちと同じぐらいの小規模のワイナリーもいくつかでき始めました。エリアとしてはアルカモDOCの地区になります。

グッチョーネ地図
トレッビアーノは実は1400年代からシチリアのチェラーザ地区で栽培されてきたブドウ
グッチョーネのトレッビアーノ「シチリアでトレッビアーノ?」と不思議に思われるかもしれませんが、実はこのあたりのチェラーザ地区では1400年代からトレッビアーノの栽培がされてきたのです。

トレッビアーノの仕立てはテンドーネ(棚仕立て)を採用しています。シチリアでトレッビアーノを育てるのにはこの方法が最適です。地面からの高い熱から守られること、ブドウ樹の作業がしやすいので管理が行き届きます。

昔から造られている品種ですが、100%トレッビアーノでワインを造っている人はほとんどいません。だいたいがカタラットとの混植になっていて、混ぜこぜにして収穫してそのままカタラットとして販売している農家がほとんどです。外見上も似ているので見分けがつかないんですね。きちんと調べればトレッビアーノとカタラットはDNA上は全く違う品種であることがわかるのですが(笑)。

有機栽培とビオディナミはワインの品質を左右する違いがある
有機栽培は1995年ぐらいから始めています。そして、ビオディナミは2005年から取り組んでいます。自分が造りたいワインを模索している中でビオディナミになりました。有機栽培とビオディナミの違いはワインの品質に現れます。決まりごとは色々ありますが、それを自分自身がどのように使うかをよく考えることが大切だと思います。現在、私はビオディナミの先駆者と言われるニコラ ジョリーが創設した「ルネッサンス デ アペラシオン」にも参加しています。

あまり話すのが得意ではない?、、、というフランチェスコ氏。ワインを飲みながらの方が話しやすいということで、早速試飲をすることになりました。
■シチリアで珍しいトレッビアーノ100%
T トレッビアーノNV
カテゴリー上、ノンヴィンテージ(ヴィンテージ表記なし)になるのですが、現在リリースしているものは2013年になります。ラベルに記載しているロット番号を見ていただくと13と入っているのでわかると思います。

ステンレスタンクと一部オークの大樽で別々に発酵します。そのまま1年間熟成させて、瓶詰をする6ヶ月ほど前にブレンドします。二酸化硫黄は極力使用しないようにしています。

2013年は理想的なヴィンテージとなりました。私は灌漑は行いませんが、もしするとしたらこのインターバルでやるだろうな、と言う20日間おきにうまい具合に雨が降りました。本当にベストな気候条件でした。

試飲コメント:ややにごりのある美しい黄金色の外観。果実とハチミツのアロマにスパイシーなニュアンスも。果実の厚みのある骨格のしっかりとした味わい。凝縮感がありながらスムーズな飲み心地はきれいな酸とミネラルのおかげ。 T トレッビアーノNV
■アカシア樽100%の醸造によるエレガントなカタラット
C カタラットNV
カタラットは100%樽による醸造です。ステンレスは使っていません。木樽は透明にする作用があります。これもトレッビアーノと同じくノンフ ィルターで瓶詰をしています。瓶詰のロットによってにごり加減が変わるので、このボトルは比較的にごりは少ないですね。

樽の種類はアカシアを使います。トレッビアーノはオークです。品種ごとに適した樽を使っています。

試飲コメント:きれいで上品な果実味。繊細さと可愛らしさのあるみずみずしさとミネラルの旨味が印象的。 C カタラットNV
■最高のヴィンテージ2013年のトレッビアーノとカタラットのブレンド
BC ビアンコ ディ チェラーザNV
2013年のトレッビアーノとカタラットの2品種のブレンドです。2013年は先ほどもお話ししたとおり、とても素晴らしいヴィンテージでした。そ こで、この2つの品種を混ぜて新しいワインを造ることにしたんです。別々にではなく、2品種を混ぜてステンレスタンクで発酵し、熟成もステンレスタンクで行っています。

試飲コメント:2品種の個性が表現されながらも、本当にうまくまとまっている印象。豊かな果実味とフレッシュ感、そして旨みが調和。その完璧なバランスには本当に驚かされました。 BC ビアンコ ディ チェラーザNV
■シチリア北西部で造るネレッロマスカレーゼ
NM ネレッロ マスカレーゼNV
2013年のネレッロマスカレーゼです。ネレッロマスカレーゼはエトナがよく知られていますが、実際、シチリア西部で植えられているのは少ないので、私はとても幸運だと思っています。オーク樽で発酵し、そのまま木樽で熟成させています。

栓に使っている蜜蝋はオーガニックの蜜蝋です。これを造っている人は非常に少なく、コストもかかる上に手間もかかります。残念ながら徐々に蜜蝋ではなく、キャップシールに切り替えることになりそうです。

試飲コメント:明るく透明感のあるルビー色。エレガントな花やチェリーの華やかなアロマが心地いい。なめらかな口当たりと心地よい果実味が口いっぱいに広がる。時間が経つとさらに旨みと凝縮感が増す。 NM ネレッロ マスカレーゼNV
■ペリコーネ100%の希少ワイン
P ペリコーネNV
2013年のペリコーネです。シチリアの土着品種ですが、現在栽培されている面積は400ヘクタールほどと狭く、生産者も少ない状態です。だからペリコーネ100%のワインを造っている人はほとんどいません。

試飲コメント:濃厚な色あい、力強く、濃密な果実味でタンニンもしっかりとある。旨みのしっかりとした味。 P ペリコーネNV
■インタビューを終えて
口数のあまり多くないフランチェスコ氏。でもそのひとこと、ひとことに自分のワインに対する信念を感じさせるインタビューでした。グッチョーネのワインを飲むとフランチェスコ氏の人柄がわかる気がしました。

2013年は理想的なヴィンテージ、と言うことで今回は最高の出来のワインを飲むことができました。そして2014年は、湿気が高く、カビの発生もあり、そのくせ雨が少なかったという非常に難しい年になったそうです。でも「初めはもっとひどいと思っていたけど、できあがりはよかった。」とのこと。ただし、生産量はぐっと減ってしまったそう。

「グッチョーネと言えばトレッビアーノ」と言われますが、それに対しては「自分はどのワインにも全て同じ愛情と世話をかけているので、どれが一番なんて言えない。」ときっぱり。

トレッビアーノもカタラットもネレッロマスカレーゼもペリコーネも、それぞれの品種の個性が本当に素晴らしく、全部飲んでみても私自身(好みは置いておいて)、どれが一番とは決められません。すべてのワインを知ることで造り手の姿が見えてくる。そんな風に感じたインタビューでした。
トスカニーより)




(*)Vino Hayashiより土着品種研究会の教材。3,700円。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

Prio Sicilia DOC Catarratto Donnafugata 2016

Prio Sicilia DOC Catarratto Donnafugata 2016
Prio Sicilia DOC Catarratto Donnafugata 2016 part1
2014年がファーストヴィンテージの”新作”白ワイン【白/やや辛口】
ドンナフガータ プリオ 2016  DONNAFUGATA Prio Sicilia DOC
2,520円
(税込 2,721 円) 送料別

ドンナフガータ社は、元々150年もの歴史をもつ高級ワイン会社を基盤に発足。オーナーのジャコモ・ラロー氏は何世代にも渡ってマルサラワインの生産に携わってきた由緒ある家系の当主。
「ドンナフガータ(逃げた女)」という名は、19世紀初頭にブルボン朝の王フェルナンデス4世の妃マリア・カロリーナ王女が、ナポリで起きた革命を逃れてドンナフガータ社の自社葡萄畑や醸造所のあるコンテッサ・エンテリーナの地へ逃げてきたという歴史に因んで名付けられました。
その伝統的な経験と近代的な醸造技術により、卓越した品質と個性を持ったワインを世に送り続けています。

ベルガモットやシトラスなどの柑橘系の香りが心地良く広がり、長く続く余韻は飲むごとに喜びを感じさせてくれます。後味にほのかな苦味が心地よい、やや辛口の白ワインです。
「2014」がファーストヴィンテージの”新作”白ワインです。
(「Prio(プリオ)」とは、シチリアの方言で「幸せ」を意味します。)
【マリアージュ】
魚料理全般と良く合います。
ナヴェデディーノより)





シチリアの主要土着品種「カタラット」100%
ドンナフガータが造るとこんなにエレガントになります!

DONNAFUGATA Prio  ドンナフガータ プリオ
【色】 白 【テイスト】 甘 ☆☆☆★☆ 辛
【原産地】 イタリア シチリア州
【生産者】 ドンナフガータ
【格付け】 シチリア DOC 【葡萄品種】 カタラット
【容量】 750ml 【輸入者】  (有)カリテ・エ・プリ
価格: ¥2,500 (税込 ¥2,700)
[ポイント還元 81ポイント~]
数量:
1

送信
送信


返品についての詳細はこちら
レビューはありません

twitter

プリオ(Prio)、それはシチリアの言葉で愉快さや喜び、幸せを意味します。
初夏の夕方、ビーチに座っている女性が心から喜びをかみしめているイメージ、
彼女の唇に止まった蝶にキスをされています。
ドンナフガータが造るカタラットのように生き生きとして官能的なラベルです。

●畑
仕様:VSP(平垣根式)、木の柵、ステンレスワイヤー使用。
コルドン仕立てで1つの樹に6-10の芽を残す。
植密度:1ヘクタール当たり4500-6000本
収穫量:約6.5トン

●2014VT
2014ヴィンテージは冬の寒さは緩やか、春は涼しく雨がちで比較的バランスの取れた気候に恵まれました。2013年10月1日から2014年9月30日の間の雨量は620mm、過去10年間の平均に対し若干少ないという結果になり、その雨量は春季に集中しました。7月、8月は過度の日照もなく昼夜の温度差も最適で、フレッシュでバランスの良いワインの要素となりました。プリオのカタラットの収穫は9月の初めの10日間です。

輝かしい麦わら色のプリオ2014は、白い花(エルダーフラワー/ニワトコ)のような香りがほのか。
口あたりは柑橘系、特にシトロンとベルガモのような心地よい味わいが見え隠れします。余韻は長く粘り気がある。
一口ごとに楽しさも増します。

熟成可能期間は3~4年です。

一定温度にてステンレスタンク
ステンレスタンクで数か月、その後少なくとも3か月は瓶内熟成を経てリリース

温製又は冷製のシーフードの前菜、甲殻類や野菜ベースのパスタと。

チューリップ型のミディアムサイズのグラスで、抜栓は飲む直前でもOK
飲み頃の温度は9-11℃
友人とのパーティに理想的。ビーチでのバーベキューにも。
カリテより)

Prio Sicilia DOC Catarratto Donnafugata 2016 part2

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

検索フォーム
プロフィール

akira0629

Author:akira0629
自分が所持している、あるいは、飲んだことのあるワインのデータベース的ブログです。

FC2ブログランキング
ブログランキングに参加してます ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード